お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

福井県 福井市

あすわじんじゃ 足羽神社

武家からの崇敬が篤かった神社

継体天皇、生井神、福井神、綱長井神、阿須波神、波比岐神を御祭神に祀る。継体天皇が坂井郡三国にいたときに大宮地の霊を祀ったといい、大宮地の霊とは宮中の座摩5座の神であり、足羽神はその1座である。

延暦10年(791年)4月、従五位下に叙され(『続日本紀』)、仁寿元年(851年)正月、従四位下が加えられ(『文徳天皇実録』)、延喜の制において小社に列せられ、天慶3年(940年)正月には従三位(『日本紀略』)、承暦4年(1080年)にこの神を穢す祟りがあったとして、社司に中祓が科せられた(『朝野群載』)。なお、国内神名帳である『越前国惣神分』には、正一位足羽大明神と記載される。

鎌倉時代以後、武家からの崇敬が篤く、領主の朝倉氏などが社領を寄した。江戸時代に、福井藩主越前松平家代々の尊信が深厚であった。


足羽神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

足羽神社の口コミ

【参加者】私、主人、主人の両親、私の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
足羽神社は福井市の足羽山の上にある歴史ある神社です。
神社は荘厳な雰囲気が漂い、初めて来た時にはとても厳かな気持ちになったのをよく覚えています。東京から来た私の両親も心が洗われるようだと言っていました。
お宮参りの時は義母が子どもを抱っこして祈祷してもらいました。
今4歳の長女のお宮参りの時は祈祷の時の太鼓の音にも泣かずに祈祷の間ずっとおとなしくしていられたのがびっくりしました。
今3歳の長男の時には長男は太鼓の音で大泣きしてしまって、あやすのが大変だったのが良い思い出です。
どちらも丁寧に祈祷していただき、帰りにはお札、お守り、お食初めのセットなどをいただきました。
お宮参り以外にも初詣や節分、夏の輪くぐり祭などの時も必ずこの足羽神社に来ています。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.