お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

福岡県 福岡市西区

あたごじんじゃ 愛宕神社

非常に眺望が良く、映画の撮影にも使用される神社

福岡県福岡市西区の愛宕山(旧名 鷲尾山)にある神社。伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が明治時代に合併したものである。

神社の創始は景行天皇2年(西暦72年)、鷲尾山に伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀ったのが鷲尾神社(鷲尾権現)の始まりとされる。鷲尾権現は英彦山権現と同神で、里人の説に曰く「初め英彦山権現自体も鷲尾山に祀られ、後に英彦山に移られた」ともいうが確たることは不詳である。

眺望がよく、百道浜地区にも近いことから、百道浜地区が写っている広告等はこの愛宕神社付近から撮影していることが多い。また、隠れデートスポットでもある。また、『網走番外地 悪への挑戦』、『ノン子36歳(家事手伝い)』など映画のロケ地としても知られる。


愛宕神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

愛宕神社の口コミ

【参加者】私、主人、息子、主人の両親
【初穂料】10,000円
【感想】
義父の運転する車で行きました。
社殿がかなり高いところにあるのですが、車でその三分の二くらいの高さまでは登ることができました。
とはいえ、車を降りてからも80段くらいは石段を登らなければならないので、雨の日や着物を着た状態で赤ちゃんを抱えてお参りするのは難しいかなと思いました。
祈祷の受付の際にお札と「初宮」と書かれた白くて可愛らしいお守りを授与していただきました。
土曜日の午前中に行ったのですが、同じ時間に3グループほどお宮参りの方がいらっしゃいました。
境内には馬の銅像があったのでその前で記念写真を撮ったり、休憩所で少し腰かけて休んだりもしました。
休憩所の中には畳のスペースもあったので、敷物は敷かなければなりませんが、少し赤ちゃんを降ろしたりすることもできると思います。
休憩所の横は非常に見晴らしがよく、海や福岡タワーを眺めることができました。
【参加者】私、主人、娘、主人の両親、私の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
福岡市西区の愛宕神社は日本三大愛宕の一つです。西暦72年創建の福岡で最も古い歴史をもつ神社だと言われています。愛宕神社といえば眺望が魅力です。
福岡タワーや福岡市街地や海も一面に見える神社です。まずご祈願の受付を済ませて待合室で待機している時も娘はずっと寝ていてくれたのでとても助かりました。
そして15分くらいのご祈願の後の家族写真の時に娘は起きました。とてもよいタイミングで起きた娘はご機嫌でした。
たくさんの方がお宮参りに来られていたので時間がかかるのかなと思っていたのですがスムーズでした。最後に神社を一周して戻る頃に『お願い地蔵』を発見しました。
体の具合が悪い部位などをさするとご利益があったり抱っこしてお願いすると叶うと言われているそうです。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.