お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて最初にやってくるビッグイベント『お宮参り』。伝統的な行事ですから、お作法から服装(着物、ベビードレス)、髪型、そのほか準備することまで、知っておきたい情報満載です。

服装

お宮参りでベビードレスを着る!後悔しない5つの選び方とは?

更新日:

ここ最近、赤ちゃんのお宮参りの衣裳が着物ではなくベビードレスという方をよく目にします。ベビードレスの利点は様々なイベントに活用できることです。

出産後の退院時

お宮参り

お食い初め

誕生日

お宮参りに着物で参拝後、お色直しのようにドレスに着替え、着物とドレスの両方を写真に撮る事例もあります。記念写真撮影で有名なスタジオアリスやスタジオマリオでは数多くの衣装が展示されています。

特に初めての子供の場合はお宮参りが一番最初の大切なイベントですから、ぜひ後悔しないドレスを選びたいですよね。自分達ではなく祖父母にドレスを買っていただくご家庭も多いかと思いますが、どんなドレスがいいか?後悔しない5つの選び方をご紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

お宮参りのベビードレス:ツーウェイオールは季節に合った良い素材を選ぶ

生後1か月くらいの赤ちゃんはまだまだ肌が弱いので新生児湿疹など、肌のトラブルが少なくありませんし、山の天気のようにコロコロ機嫌が変わるので着心地も大切です。着心地が良いと赤ちゃんもご機嫌でグズりません

ツーウェイオールの選び方と使用時期 

ベビードレスの中に着るツーウェイオールの衣類は吸水性が高い綿やパイル生地の素材が良いでしょう。特に気温の上がる夏は、赤ちゃんに多くの衣類を着せると大量の汗をかいてしまうので避けたいところです。

お宮参り用にドレスを購入した場合は、着る前に必ず1度はツーウェイオールを洗濯し清潔にしましょう。ドレスに限らず新生児や乳幼児の服に共通して言えることですが、何度洗濯しても耐えるような質の良い素材を選ぶと、これからのイベントでも利用できて経済的です。

赤ちゃんはよく動いて汗をかきミルクやよだれを衣服にたらすので毎回の洗濯は必須となります。

オーバードレスの選び方と使用時期 

オーバードレスは高級感のある素材にこだわる方はシルクなどを選びます。もう少しリーズナブルなものとしては表地がポリエステル、裏地が綿のドレスを選ばれる方も多いです。

オーバードレスは暑い季節を除けば使い回しができる便利さがあります。夏の暑い時はオーバードレスはお宮参りの直前や写真を撮影する際に着せてあげるなど限られた使い方になり、長時間の着用は難しいこともあります。

お宮参りの赤ちゃんの服装は着物?ベビードレス?5つの決め方

お宮参りは赤ちゃんが生まれて最初に家族で行うイベントで神様に赤ちゃんの成長と幸せを祈願する古くからの行事です。お参りの場所は神社なのでパパとママはきちんと正装して行くのが好ましいのですが、赤ちゃんも一 ...

続きを見る

スポンサーリンク

お宮参りのベビードレス:ツーウェイオールはぴったり、オーバードレスはゆったりに

ツーウェイオールは50~60のぴったりサイズを選ぶと良いです。少し大きめのサイズにして長く着る考え方もありますが、写真に撮るときに見栄えが悪くなってしまうので避けましょう。

外のオーバードレスの場合は以下の3点より少し大きめのサイズが便利です。

お宮参りで写真を撮るとき、大きいサイズのほうが映える

赤ちゃんは小さく華奢なので、レースでふんわり包んであげると、とても神聖な存在としてさらに輝きを増す

なんと言ってもフリーサイズだと着回しができて、経済的


フリーサイズだと2歳くらいまで着られるのでお誕生日や記念日でも活躍できます。せっかく購入するなら長く着られるのほうが嬉しいですよね?

アレンジ例

レースのベールを頭に被せたりティアラを着けたりして、結婚式に見立てて遊んだりする方もおられるようです。また、装飾類を全て外しツーウェイオールも今のちょうど良いサイズに替えて、外出する際にオーバードレスを着せるという洋服感覚でスタイルを変えられるので、お出かけが楽しくなります。
お宮参りの男の子の服装は?着物・ベビードレスを徹底比較

赤ちゃんの初めてのイベントといえばお宮参りです。 このお宮参りをするにあたって、ママもパパも服装についてあれこれ考えて悩むことがありますよね。 「どんな服装を着せてお宮参りに行こうか。」 「お宮参りに ...

続きを見る

スポンサーリンク

お宮参りのベビードレス:赤ちゃんに似合うデザイン

デザインは大きく2つのパターンに分かれます。

  1. シンプルに着こなすパターン
  2. 華やかに装うパターン

それぞれの良さを見てみましょう。

①普段使いできるようなベビードレス

仰々しくせず普段よりやや正装でお宮参りをしたい場合にオススメです。

落ち着いた雰囲気にするには、次の2点に注意し選ぶことです。この場合は普段の外出時に着ても不自然ではありません。

  • 柄のないシンプルなデザイン
  • フリルやレースを少なくしたタイプのドレス

最近はツーウェイオールとオーバードレスの組み合わせが主流になっています。デパートや赤ちゃん本舗、西松屋などにシンプルなデザインの衣裳が数多くありますので、比較検討して気に入ったものを選んでください。

②豪華なセレモニードレス

あえて普段とは全く異なった特別なお洒落を楽しみたい場合にオススメです。

オーガンジーレースをふんだんに使ったドレス

切り替えが2~4段のロングドレス

鳳凰などの刺繍入りドレス

といった華やかなセレモニードレスがお勧めです。さらにシルキーサテンで豪華に光沢を楽しむのもアリです。写真写りに限ると華やかなドレスのほうが綺麗に映えます

もしまだ準備していなくて急いでいる場合は専門店「SWEET MOMMY」で探しましょう。品揃え豊富で当日出荷なので助かりますね。

➤➤➤「SWEET MOMMY」でベビードレスを見てみる

私の体験談

私の場合は娘には豪華とまではいきませんが、ミキハウスでレースがあしらってある可愛いドレスを購入しました。男の子にも間違えられる雰囲気だったのですが、このドレスを着せると女の子らしくなり、親としてはとても嬉しかったのを写真を見るたびに思い出します。

以上①②のタイプのほかに、男の子のセレモニードレスについてもご紹介します。

男の子の場合は女の子が着るようなドレスを着用するのも素敵ですが、専用の衣装を選ぶと違った魅力が出ます。例えばタキシードのデザイン、セーラー襟やネクタイを付けるとお洒落で一目で男の子だと分かる凛々しい雰囲気になります。

ドレスの色は、神様の前では清い姿であるために何物にも染まらないという意味を込めて純白にするのが主流とされています。ご紹介した①②のドレスは共通して白が多いですが、最近は形式に捉われずに、白以外の色も少しずつ出てきています。オフホワイトはもちろんですが、ピンクなど個性的な色もあります。

スポンサーリンク

お宮参りのベビードレスはブランドと値段で様々な選択肢

デパートに入っているファミリアやミキハウス、赤ちゃんの城などの店舗では、シンプルなものから豪華なデザインまで様々なドレスが販売されています。価格帯は幅広いのですが、ボリュームゾーンはおよそ3,000~50,000円です。

高級なブランドになると木箱に梱包されているため、家に置いておく際にディスプレイとして楽しめます

お宮参りの1度限りであまり着回しを考えていない方や、お手頃に購入したい場合は、赤ちゃん本舗や西松屋になります。帽子やおくるみがセットになっているタイプでもリーズナブルに販売されています。リーズナブルな上に様々な組み合わせがあるので、思った以上に満足度は高いです。

悩みどころではありますが、

今後のイベントでの利用頻度

着回しの有無

お宮参りにかける思い

を加味してどれを選ぶか決めてください。参加者全員が笑顔で記念写真を撮れるような一着が見つかることを願っております。

ただ1つ共通して言えること

金額に関わらずやはり自分で購入した衣装は、こだわりのある物ですから子供に着せる際はきっと満足感が得られるはずです。写真館でもドレスや着物はレンタルできますが、親御さんが選んで購入されたドレスは特別です。きっと赤ちゃんにとって素晴らしいプレゼントになりますよ。

スポンサーリンク

お宮参りのベビードレスは自分が納得したか?

最後に自分が納得して選んだドレスかどうか?はとても大切な判断基準です。祖父母様が購入されたドレスだとしても同じことが言えます。一生に1度しかないお宮参りですから後悔はなるべく避けたいものです。

特に女性は衣装にこだわりがある方は多いですから、お子様のお母さんが納得するドレスを選ばれた方が後悔は少ないでしょう。ご夫婦でよく相談して納得いくドレスを選びましょう。

私の体験談

お宮参りの衣装選びは義両親にお任せしていました。ことごとく考え方が違ったのですが、お任せした以上自分の意見をお伝えするのが憚られて、なるべくこちらが合わせようと心掛けました。

結果的にシンプルなベビードレスをプレゼントしていただいたのですが、どうしても可愛らしい華やかなドレスを着せてあげたいという自分の気持ちが抑えられずに、お宮参りが終わった後購入しました。せっかくプレゼントしていただいたのだから、後で別のドレスを購入するのはとても申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。

やはり検討する段階から素直に自分の気持ちをお話しするべきだと悟りました。たかが衣装と考えていましたが、こうした大切なイベントはしっかりご自身の意見を持っておいたほうがトラブルは生まれずに良いです。お子様にとっても初めての大きなイベントですから、この機会を大事になさってくださいね。

【完全版】お宮参りの必需品は29個!季節別(春夏秋冬)のまとめ!

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

続きを見る

まとめ

ドレスを選ぶ際は以下5点の検討が大切です。

素材

サイズ

デザイン

ブランドと値段

自分が納得したかどうか

友人や本記事を参考にしながら、冷静に検討し重要だと思う条件を書き出しておきましょう。頭が整理されてお買いものがしやすくなりますよ。

赤ちゃんに素敵な一着を選んであげてください。

スポンサーリンク



おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

-服装

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.