お宮参りの祖母の服装は?気を付けたい5つのポイント!

赤ちゃんのお世話も慣れて1ヵ月ごろにお宮参りがあります。

地域によって異なりますが、宮参りは男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に神社で御礼を伝え、長寿を祈る儀式です。

おそらく生まれてから少し経ったころに宮参りはどうするのかと質問が祖母よりあるでしょう。

その際に祖母より、宮参りは洋服と和服のどちらがいいかしらと尋ねられた場合は何を基準に選べばいいのか戸惑う事も多いでしょうが、選び方のポイントだけ押さえれば、服装選びも大丈夫です。

スポンサーリンク

洋服か和服かどちらがいいか

洋服か和服かどちらにするかは、赤ちゃんの服装に合わせる事が基準となります。

赤ちゃんがベビードレスなら洋服、祝い着ならば和服といった形です。宮参りの神社が近くにあり、着物を着なれている場合や神社の近くで着物の準備ができそうである場合には和服をお勧めします。

また、和服は体をしめつけますので体調が思わしくない場合も避けた方が無難です。ただし、遠方であったり、着物を着なれていない場合は洋服がいいでしょう。

事前準備で負担がないのは洋服です。祖母が忙しく、服装の準備に時間をかけられない場合などは洋服をお勧めしてもいいでしょう。

祖母が和服と洋服どちらを選ぶかにより、母や父も和服か洋服どちらにするか悩むかもしれませんが、今はルールにとらわれず和服・洋服どちらでもという風潮もありますので厳密に和服と洋服どちらかに決めるという事はしなくても大丈夫です。

<産後ママの授乳服、着心地抜群ママワンピ新発売!>

洋服の選び方春・夏

洋服の場合は、きちんとしたスーツを着るべきか、簡単な服装でいいのかなどが気になります。また、季節によって着ていく服装も変わりますので押さえておきましょう。

春は、入学シーズンにあわせて、デザインが華やかなスーツやワンピースなどもお店にそろっている時期です。紺や黒、白などさまざまな色の洋服がありますが、おめでたい場ですので、できればベージュなどの少し色味がある洋服の方がいいでしょう。

もしスーツやワンピースを普段着ないから、着なれたものですませたいという場合は、トップスの上にカーディガンをはおり、下はパンツかスカートというスタイルでもいいでしょう。

夏もスーツは暑いと思われる場合は、薄手のワンピースか、薄手のカーディガンなどを羽織り、お参りするといいでしょう。

スポンサーリンク

洋服の選び方秋・冬

秋は気候も良い日が多く、お参りに適した季節です。秋の初旬は洋服も薄手のもので大丈夫です。

10月以降は気温が下がりますので、週間天気予報などで気温が下がる日を確認して服装を
選ぶようにしましょう。秋は春先と同様のスタイルで良いですが、入学式シーズン等ではないため、店によってはスーツが少ない可能性もあります。

ワンピースがあればワンピースでもいいです。秋はいきなり気温が下がる事もありますので、羽織りものを1枚用意しておくと便利です。

秋以降は、紺やグレー、黒などの落ち着いた色味の洋服を選択してもいいでしょう。冬は、赤ちゃんにとっても寒さが厳しいので体温調整について注意しましょう。

祖母の服装は軽いフォーマルスタイルで、上にはラインの綺麗なダウンジャケットやコートを着るなどして寒さをしのぎましょう。

ストールやショールなどもあれば、いざという時に赤ちゃんにかけてあげられるので便利です。

スポンサーリンク

和服の選び方

和服を選択した場合、もし家に着物がある場合は自分で準備できます。もし家になくてもレンタルで着物を借りる事もできます。

自分で準備する場合でもレンタルの場合でも和服の場合では事前準備が必要となりますので日取り決まり次第が早めに祖母に連絡しましょう。

和服は、色留袖、訪問着、色無地のどれを着ても大丈夫です。宮参りでは、赤ちゃんが主役です。

もし色留袖を選んだ場合は少し華やかになりすぎますので宮参りで着ている方は少ないです。もし着物がを複数より選ぶとすれば色無地をお勧めします。

レンタルの場合は写真館や貸衣装店、呉服屋などでレンタルしているところがありますので、お近くの場所で問い合わせるといいでしょう。

レンタル料金は店によって異なりますので確認が必要です。髪のセットも希望するのであれば、美容院も近くにあるところがいいです。

小物類

小物も選び方にも気を配りましょう。靴やバック、アクセサリーについては基本的にフォーマルスタイルで問題ありません。服装に合わせて似合うものを選びましょう。

母の場合は赤ちゃんのお世話があるので荷物が多くなりますが、祖母の場合は荷物も普段と変わらないですので、貴重品類が入るサイズのバッグで構いません。

靴は少しだけヒールがあるものがいいです。ただし、ヒールがあまりに高いものですと赤ちゃんを抱っこした時にふらついてはいけませんので避けた方がいいです。

お参りの際には靴を脱ぎますので綺麗なストッキングを準備しておきたいです。アクセサリーは、あまり華美でない上品なアクセサリーを選ぶのが望ましいです。

定番はパールのネックレスやイヤリングですので、もしあれば身につけましょう。夏は暑くなりますので、扇子などあれば上品であり、かつ涼しくなるので良いでしょう。

まとめ

・和服と洋服どちらかに決めるというルールは特に決めなくて良い
・春は、スーツやワンピースなどもお店にそろっている時期なので、さまざまな色の洋服がある。ベージュなどの少し明るい洋服の方がいい。
・夏・秋は、薄手カーディガンを持参すると良い。
・とっても寒さが厳しいので体温調整について注意しましょう。
・冬はラインの綺麗なダウンジャケットなどで寒さをしのぐ
・和服は色無地がおすすめ。

以上のポイントやコツを押さえれば、華やかな装いの写真が残る素敵な宮参りとなるでしょう。

カテゴリートップ『お宮参りの服装』へ戻る
トップページ『お宮参りの輪』へ行く

アドセンス
スポンサーリンク
プレシュスタジオ
<"こんな写真撮ってみたいなー"(^O^)/>
関連UNIT

こんな記事もよく読まれています