お宮参りの母親の服装!注意する5つのポイントと対策!

shutterstock38733

赤ちゃんが一か月間すくすくと育ったお祝いと感謝・これから先の幸福の祈りを込めて家族みんなで行くのがお宮参りです。

赤ちゃんにとっては人生初の晴れ舞台ですね。お宮参りの主役はもちろん赤ちゃん!可愛くおめかししましょう。

でも、

  • どんな服装でいけばいいの?
  • 大事な儀式だし服装にも決まりが多いんじゃ?

なんて不安に思っているママも少なくないでしょう。今回はそんな方のためにお宮参りにふさわしい服装・注意点などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

お宮参りの母親の服装の基本は?

お宮参りのママの服装は基本的に主役である赤ちゃんの服装に合わせるのが古くからの決まりです。

この決まりに当てはめると赤ちゃんとママの服装は次の2パターンとなります。

  • 赤ちゃんが和装の祝い着を羽織る → 母親も和装(訪問着や色留袖、紋付の羽織など)
  • 赤ちゃんが洋装でベビードレスを着る場合 → 母親も洋装(フォーマルスーツなどの正装)

しかしここ最近は赤ちゃんが着物を羽織っていても母親まで着物を着るという風習は薄れており、赤ちゃんが和装で母親が洋装という組み合わせをお宮参りでよく見かけるようになりました。

必ずしも赤ちゃんの服装に合ってないのはNGという訳ではないようです。とはいえ最低限注意しておくべきことについてご紹介します。

<産後ママの授乳服、着心地抜群ママワンピ新発売!>

お宮参りの母親に向いていない服装ってどんなの?

お宮参りは神社で執り行う申請な儀式です。この神聖な場にふさわしくない服装の特徴を3つ挙げていきます。

明らかにラフな格好

赤ちゃんのせっかくの晴れの日にラフな格好でいくのはやめましょう。ジーンズやシャツ・スニーカーなどは絶対にNGです。ごくまれに母親で見かけますが、母親よりも更に多いのが父親ですね。

どうしても正装ができない、用意できないなどの理由があるのであれば、黒パンツ・白の襟付きシャツがギリギリ大丈夫なラインでしょう。正装しようと頑張った思いは少し見えるからです。

とにかく派手で目立っている

正装はしているけれどデザインや服の色のチョイスが派手で目立ち過ぎるのもNGです。可愛い我が子の初のイベントに盛り上がって張り切るのは構いませんが、派手で我が子より目立ってしまうような格好はやめましょう。

落ち着いたデザインで色は白・紺・ベージュなどのチョイスが母親らしくて好感が持てます

明らかに露出度が高い

きれいな格好をしていても肩が出ていたり、胸元があいている・短いスカートに生足などは絶対にNGです。若いママはやってしましがちなので気をつけましょう。

スカートに関しては長くても短くても必ずストッキングを履くことをお勧めします。神社によっては靴を脱いでお参りのところがありますから、素足だと恥ずかしいからです。

3つのふさわしくない服装を見てきましたが、あくまでも赤ちゃんが主役なので赤ちゃんの服装に合わせて行くのが基本ですし、神様に赤ちゃんのこれからの成長を祈願するので、ふさわしい格好で行きましょう。

では逆にお宮参りにはどのような服装が向いているのでしょうか?

スポンサーリンク

お宮参りの母親に向いている服装ってどんなの?

では、お宮参りに行く際にふさわしい服装についてご紹介します。

着物

赤ちゃんが和装をした場合、母親は着物がオススメです。お宮参りで着物を着る方は少なくなる傾向にあるようですが、準備ができるならぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

着る着物の種類は、訪問着や色留袖ですね。色合いの物を選ぶといいでしょう。淡いピンクや淡い緑が人気となっています。

また着物は高額なので購入してまでと感じる人には、手軽にレンタルで済ませましょう。ネットレンタルでは、商品の往復送料無料、着た後のクリーニング不要、安心のフルセットという特徴があります。さらに事前に着物の雰囲気やサイズを確認できるサービスを展開しているのが「着物365」です。

➤➤➤着物365を見てみる

ワンピース

着心地を重視しつつ見栄えがいいのはやはりワンピースでしょう。ワンピースといっても様々なデザインがありますが、お宮参りには落ち着いたデザインを選びましょう

母乳のみで育てているママには、授乳口付きだとイザってときに便利だと思います。赤ちゃんがお腹を空かせるタイミングはコントロール出来ませんし、ママ的にも授乳をどうしようなどの悩みがなくなるので精神的にも楽でしょう。

ワンピースは値段の上下も幅広いですし、お宮参り用に新調してもよいのではないでしょうか?

急いでいる場合は、授乳服マタニティウェアの専門店「SWEET MOMMY」で探しましょう。品揃え豊富で当日出荷なので助かりますね。

フォーマルスーツ

かっちりしたスーツでお参りされている方も最近増えていますね。

スーツは家族写真での写り映えもいいですし、何より七五三など他のセレモニー行事にも着回しができるという面でとても人気で、お宮参りを機会に購入するというママも多いです。

特にダークカラーのスーツは人気で、アンサンブルで売っているものも多いので色んなシーンで使いまわせると評判です。他にはツィードスーツなんかも子供の先々のイベントに着ていくのに重宝します。

更に裏ワザとして、手持ちのワンピースにスーツのジャケットを合わせればワンピースが一気にスーツ風に早変わりするので、スーツ一式を購入に悩む方にはおすすめです。

このように、お宮参りにふさわしい正装は何種類かあります、あなたに合った正装を選んでお宮参りに行きましょう

◆関連記事◆

お宮参りでママがスーツ
お宮参りでママがスーツを選択!というのも、ダークな色を選んだなら、卒業式、結婚式などの冠婚葬祭にも利用できると思われました。そんな着回しの聞くフォーマルスーツですが、実は注意が必要です。

スポンサーリンク

着物・ワンピース・スーツを選び着る時の注意点

お宮参りにふさわしい服装が分かっていただけたと思います。では次に、服装を選ぶ時・着る時に気を付ける注意点についてお話をしたいと思います。

着物の場合

まず、着物は一度着るとその後の着脱はかなり難しくなります。赤ちゃんを母乳で育てているママは授乳が出来なくなることを覚悟しておいたほうがいいです

着付け前には必ず飲ませておいてもお参り途中でお腹を空かせるかもしれませんし、新生児の頃はいつお腹を空かせてもおかしくないです。

もしどうしても着物を着るのであれば事前に赤ちゃんを哺乳瓶に慣らしておくことをお勧めします。そうすればお参りの時はミルクで対応できるので安心です。

ワンピースの場合

ワンピースでも心配なのはやはり授乳です。授乳口のないワンピースを着る場合は前開きの出来る物を選んで着ましょう。そうしないと、授乳の際に全部脱ぐ羽目になる状況に陥るかもしれません。

ワンピースは見た目も良く産後のママには着やすいのですが、授乳に手間がかかるデザインの物も多いことを頭に入れて選びましょう。

授乳しやすく、授乳口の仕様がばれにくく、おしゃれ授乳服が欲しい場合は、授乳服の専門店「SWEET MOMMY」で探しましょう。オリジナル商品豊富で当日出荷なので助かりますね。

スーツの場合

スーツは動きやすいですし、見た目も綺麗なので注意点は少ないですが、真夏の時期にお宮参りに行くのであれば、少し額に汗する程度の暑さは我慢しましょう。

また産後の体型変化に伴うサイズ不一致にも注意です

  • 産後の体に入らないことがお参り直前に分かって大変だった
  • 体重が戻ってきて少し痩せてきたらスーツがブカブカになって着れなかった

など、体のラインが出やすいフォーマルな格好にありがちなアクシデントもあるようです。

◆関連記事◆

お宮参りの髪型
お宮参りではママはやっぱり服装やそれに合うヘアースタイルなどを気にする方が多いです。今回はお宮参りのママのヘアースタイルにスポットを当ててお話していきたいと思います。

その他お宮参りの服装に関する注意点

その他にも服装に関する注意点をご紹介します。

夫婦以外の祖父母が一緒に行く場合の服装

あなたと旦那さんと赤ちゃん以外の身内の方が一緒にお参りに行く場合の服装で、一番理想的なのはみんなで合わせた格好で行くことです。

「あなた方夫婦だけが正装。祖父母は普段着。またはその逆。」と、このような事態にはならないように事前に祖父母と服装について話し合って格好を決めましょう。

ただし、祖母が同伴の場合は赤ちゃんを抱っこするのは祖母の役目なので、赤ちゃんが着物を羽織れば、抱っこする祖母だけが赤ちゃんに合わせて着物という形になる場合もあります。

赤ちゃんはだれが抱っこするのか?も事前に確認しておいたほうが無難です。

◆関連記事◆

お宮参りの祖母の服装
赤ちゃんのお世話も慣れてきた1ヶ月頃にお宮参りがあります。祖母より服装は洋服か和服かどちらにするか聞かれたときには、慌てずこれからお伝えする選び方のポイントだけ押さえれば大丈夫です。

服装に合わせて選ぶ靴

どの格好にもいえることですが、お宮参りに行くときは歩きやすい靴を選びましょう

かかとの高い靴や履き慣れていない靴は疲れますし神社内の砂利道の歩行は危険です。神社は坂道や階段、砂など足元が悪い場合が多いので、バランスを崩して転ぶ心配も出てきます。

父親の服装の選びかた

父親も母親と一緒でジーンズはNG、ジャケット・ネクタイ着用が理想的な格好です。正式には礼服を着るのがいいとされています。でも、最近は礼服の所有率は下がってきているので、スーツを着ていくのが一番無難でしょう

もちろん赤ちゃんより目立つネクタイなど選ばないように注意してください。しかし父親は母親に比べて世間の目も甘く、ジャケットを羽織ったきっちり目の私服だったらOKなんて言われることも多いようです。

◆関連記事◆

お宮参りのスーツ
お宮参りはスーツ?着物?一体どんな服装がいいのか悩んでしまうでしょう。神社という神聖な場所で行われる行事ですから、きちんとした服装でお参りをしたいものです。昔の服装マナーをふまえ現在のお宮参りで父親にふさわしい装いをご紹介していきます。

まとめ

いかかでしたか?お宮参りへの服装についてお話してきました。

全部をまとめて一言でいうと、
『赤ちゃんより目立たず大人として恥ずかしくない格好でお宮参りへ向かう。』
となります。

たくさんの決まりごとや選択肢がありましたが、あくまでも参考程度と考えてあまりとらわれ過ぎず、家族みんなの思い出に残る素敵なお参りを実現することが一番大切だと思います。

カテゴリートップ『お宮参りの服装』へ戻る
トップページ『お宮参りの輪』へ行く

アドセンス
スポンサーリンク
プレシュスタジオ
<"こんな写真撮ってみたいなー"(^O^)/>
関連UNIT

こんな記事もよく読まれています