お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて最初にやってくるビッグイベント『お宮参り』。伝統的な行事ですから、お作法から服装(着物、ベビードレス)、髪型、そのほか準備することまで、知っておきたい情報満載です。

お金

お宮参りで必要なお金はいくら?服装、初穂料、食事会の予算!

更新日:

赤ちゃんが生まれて初めての外出、お祝い事「お宮参り」。

パパ・ママはもちろん、おじいちゃん・おばあちゃんにとっても一大イベント!

そんな思いとは裏腹に、

全部で一体いくらかかるの…?

着ていく服はどんなものがいいのかしら…?

と不安に思っている人も多いのではないでしょうか?

親に聞いてみるものの時代は変化し、参考になる回答を得られない場合も少なくありません。そこで今日は、そんな新米パパ・ママの為に、お宮参りでかかるお金などをズバリお教えいたします!

スポンサーリンク

お宮参りの衣装は統一感が重要

お宮参りの時の衣装は、どうしてもお子さんの方にフォーカスしてしまって、自分たちのことは後回しになってしまいがちです。直前になってバタバタと用意をし始めてみたものの、全体的になんだかまとまりがない…といったことになります。

また、ママはこの時期は授乳中の方も多く、そもそも着て行ける服にも限りがあります。

風習などで時期や重要度が違う場合もありますが、なるべく早い段階で衣装を用意しておくと安心です。色合いは、神社などの神様へ御祈願に行くという観点からも紺色などの落ち着いた色が無難です。

正式なお宮参りとしては、赤ちゃんもママも和装が正解ですが、最近ではパパはスーツ、ママは落ち着いたワンピースを着る方が多いようです。ただ授乳の関係で和装はなかなか難しいでしょうから、不可能なら無理はしなくて大丈夫です。

また赤ちゃんが着物の場合で、色物が多くなればなるほどごちゃごちゃした印象になります。特にママは宝飾品や服などが派手にならないよう心がけてください。写真を撮るときも、全体的にまとまりがある方がスッキリとした印象で赤ちゃんがより映える写真になります。

お宮参りの母親はどんな服装がいいの?ポイントと対策はこの5つ!

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

続きを見る

スポンサーリンク

着物の着用は「格」に注意

お宮参りの服装が赤ちゃんもママも着物だとパッ華やかな印象になりますし、やはり日本の伝統的な風習にはとてもふさわしい装いだと言えます。

赤ちゃんのお宮参り時の着物は、七五三の時に仕立て直して着るものを用いるのが一般的です。赤ちゃんの着物選びはほとんどの場合難しいルールはなく、お宮参りにふさわしい柄という点だけ注意すれば大丈夫です。

しかしママが着物の着用をするなら様々なルールがあります。着物には柄や染め方でTPOが決められており、それを「格」と言います。お宮参りは格が高い着物がふさわしいです。

お宮参りにふさわしい格の順番は大まかに「色留袖」「訪問着」「色無地」の順番ですが、最近は色無地をお召の方をよく見かけます。小物でアクセントを加えやすく、柄物よりもコーディネートもしやすいのでおすすめです。

ちなみに、色無地でも後ろの襟元に家紋が一つ付いているもの「一つ紋」の色無地ですと格がさらに上がります。

お宮参りで産着は必要?購入・レンタルの値段と産着の着せ方を徹底調査

「お宮参り」という言葉を聞くと、今も胸が痛む筆者。産後の辛い時期とお宮参りが重なったこともあり、我が家は普段着で息子を参拝させたのですが、それが後悔の元になるなんて思いもしませんでした…。 お宮参りに ...

続きを見る

お宮参りの着物(産着)をレンタルするメリット!おすすめのサービスは?

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

続きを見る

スポンサーリンク

買うなら長く使うことを意識

ママが洋装の場合、新しく買わずにクローゼットを探す人も多いかと思います。パパは普段着ているスーツでもいいですが、ママは独身時代のスーツでは若い印象になりがち。

若々しい印象になるものならいいですが、スカートの丈やデザインなど、家庭を持つ母親としてふさわしくないものを着るのはやはり避けたいところです。

というのも、子供が産まれると様々なイベントや行事がこれからたくさんあります。これから出費が増えるのに、今ここで更なる出費を重ねたくないと思う気持ちはわかりますが、妥協して後々後悔するようならここで新調するのも一つの手です。

あと数年もすれば幼稚園の面接や卒園式など、落ち着いた衣装を着る機会は増えてきます。こういった際にも使いまわしのできる紺色のスーツやワンピースのアンサンブルを持っているととても重宝します。

お宮参りでは写真もたくさん撮ると思いますので、気に入ったワンピースで赤ちゃんと一緒に写った方が気分も晴れやかでより一層いい思い出になるに違いありません。

『おしゃれな授乳服でお宮参りに行きたい!』を叶えるワンピースTOP5

赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈うお宮参り。赤ちゃんにとって初めての「お出かけ」となることも多い、特別な日です。 だからこそママだって、せっかくだからとびっきりのおしゃれをしてお宮参りに行きたい ...

続きを見る

お宮参りのスーツはやっぱり紺?知っておきたい神社のマナー!

お宮参りは主に2つの理由によって生後1ヶ月の30日前後に神社で行われます。(北海道では100日前後と地域によって微妙に違いが見られます) 子供が無事に産まれたという感謝 これから先の健やかな成長祈願 ...

続きを見る

スポンサーリンク

神社にお納めする「初穂料」相場っていくら?

お宮参りを初めて行うパパ・ママで最も疑問なのが「初穂料」です。

神社などによっては初穂料の料金が書かれているところもありますが、多くの場合は事前にはわかりません。中には受付の方に聞いても「お気持ちでいただいています」とあいまいな回答をされる場所もあります。

はっきりとした金額を伝えるのを失礼だというスタンスで濁している神社もありますが、初めてのことだと相場はわかりませんよね。

一般的にお宮参りの初穂料は5000円~10000円が相場は、「5000円」「8000円」「10000円」というように段階で分けているようです。

ではこの料金の差とはいったい何なのでしょうか?

これも神社によって変わるようですが、御祈願の後に神主様からの贈り物の内容が違うケースが多いようです。神社によってはお食い初め用の食器一式、スタイなどもらえるものが変わってきます。

赤ちゃんの晴れの日として納める初穂料ですので、もらえるものの内容で選ぶというより「赤ちゃんの健康を神様にお願いする」という目的を忘れないようにしてください。また、最近の神社はHPを開設している場所も多くあります。お宮参りについての説明と同時に初穂料についても触れているところもありますので、事前に調べてからお出かけするのが安心です。

お祝い袋
お宮参りの初穂料「のし袋・書き方・金額(相場)」のお作法とは?

赤ちゃんが生後一か月を迎える頃にお宮参りに行きます。 お宮参りは 赤ちゃんの一か月間の成長への感謝 これからの成長に祈りを込めて神様にお願いをする 家族で初めてのイベントです。 お宮参りに行くにあたっ ...

続きを見る

スポンサーリンク

食事会がある場合の予算とは? 

ご両親が同行する場合、お宮参りの後の食事会を行うご家庭もあります。自分たち夫婦ですべてセッティングするものの、これまた予算の予想は付きにくいものです。

それぞれ価値観も違いますし、食べたいものも違うので一概にいくらとはなかなか言えませんが、相場としては一人あたり3000円前後で執り行うことが多いようです。

地域などで盛大に行う風習がある場合や、神社が観光地付近だとやはり予算は上がります。周辺の料亭やレストランなどの下調べをしておくといいでしょう。また全員の予定がたったところで早めに予約されるといいです。

赤ちゃん連れですと何かと不便があります。ベビーカーを置けるか、ミルク育児の場合はお湯の用意が可能か、個室は可能かなど。これらの不安要素を取り除くためにもお店には確認事項を予約時に事前に聞いておきましょう。

お宮参りで支払うお金の相場は?食事会の費用は誰が出す?

お宮参りの際には一定のお金を支払わなければならず、初穂料(はつほりょう)や玉串料(たまぐしりょう)と呼ばれています。 初穂料 赤ちゃんがこれから健康的に成長してくれることを祈って神様に奉納するお金 玉 ...

続きを見る

スポンサーリンク

衣装をレンタルする場合+αの予算が必要 

赤ちゃんとママの着物をレンタルする場合にはその予算も必要です。赤ちゃんは10,000円前後、ママは30,000円前後が相場のようです。

赤ちゃんとママの着物には、それぞれ家紋を漬けてくれるサービスもあるところもあるようです。

「着物の着用は格に注意」でも触れましたが、家紋が付くと格が上がります。現代では着物のマナーにそこまで注意しなくても大丈夫ですが、詳しい人や年配の方から見るとマナー違反になることもあります。目的を伝えて、着たい着物がふさわしいかどうか聞いてみましょう。

大抵は商品にはふさわしい場面の記載があるかと思いますので、調査が必要です。また小物がセットなのかもきちんと調べましょう。着物には着物の他に、「長襦袢」「裾除け」「帯揚げ」「帯締め」「帯」などが必要です。細かな小物がないと着付けができません。

また着物を自力で着れる人は別ですが、大抵は着付け師に着付けをしてもらう必要があります。美容室で着付けをやっているところが多いようですが、着付けの予算もまた必要となります。地方などによっても違いますが、5000円~10000円ほどのようです。着付けの際は持ち物を指定される場合がありますので、事前に問い合わせておきましょう。

お宮参りの着物(産着)をレンタルするメリット!おすすめのサービスは?

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

続きを見る

スポンサーリンク

記念撮影の相場は? 

貸衣裳も用意している、子供向け写真スタジオよく見かけます。手ぶらで行きヘアメイクから衣装まであるのでとても便利です。もちろん、自身で用意した衣装での撮影も可能です。

撮影には単品のものからセット価格になっているものまで種類は豊富ですが、七五三時の様々なプランがセットになったものでは相場は30000円ぐらいとなっているようです。

単純に四つ切の写真を撮影するだけでしたら5000円前後が相場となっています。セットのものの内容は、スタジオによっても変わります。フォトフレームが一緒になっていたり、写真の入ったキーホルダーが一緒になっていたり、フォトシールが一緒になっていたり…。

自宅に飾るだけでしたら写真のみの購入でも十分ですが、おじいちゃんおばあちゃんのうちのも…となると予算はこれまた跳ね上がります。

赤ちゃんの初めての写真撮影にはパパ・ママのみならず、だれもが目じりを下げてしまうほどの愛くるしい姿についついあれもこれもとなりがちです。お子様のかわいい姿をたくさん撮っておきたい気持ちも大事ですが、冷静に商品として見つめなおすことも時には必要です。

また、撮影はどうしても長丁場になりがちです。授乳時間なども考慮し、安謝ちゃんにとって負担の少ない時間帯で予約しましょう。

お宮参りの写真はいつ撮影する?料金の相場や撮り方の注意点は?

赤ちゃんとお宮参りに行き、写真を撮影しようか迷っているママはいます。 絶対に写真撮影が必要ではないものの、一生に一回のイベントだからこそ思い出として残すために撮るのは良いのではないでしょうか。 スタジ ...

続きを見る

スタジオアリスのお宮参り撮影!安くておトクなクーポン作戦

赤ちゃんができたら、誰もがその可愛らしい姿を写真に残したいと思うものです。特に、赤ちゃんにとって初めてのイベントとなるお宮参りの写真は、記念として絶対に残しておきたいですよね。 せっかくならきちんとプ ...

続きを見る

 

まとめ

お子様のはれの日にはお金の金額に縛られず一番いい思い出にしたいと思いつつも、意外と大きな出費になるのはお宮参りだけではありません。赤ちゃんが生まれてからは様々なイベントや行事がありますが、そのたびに大きな出費が重なると家計の負担になります。

しかしケチケチして思い描いていたお宮参りにならなかったら、それはそれで本末転倒です。ご家庭に合ったスタイルで一番いい思い出と残るよう、色々な情報を手に入れて最高のお宮参りにしてあげてくださいね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

-お金

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.