お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

お宮参り

体験談

【体験談】初めての赤ちゃん!思い出に残る素敵なお宮参り

更新日:

待望の赤ちゃんを授かり、妊娠中からお宮参りのことをいろいろと考えていた私。実母や姉のお宮参りの写真を見て、ずっと憧れていたのです!

お宮参りは親子の初めての行事。小さくて可愛い赤ちゃんと、初々しいパパママ、笑顔満載の祖父母と、とても幸せな画を想像し、楽しみにしていました。

 

義母が提案してくれた!お宮参り&お食い初め

里帰り出産をした私は、初めての出産と育児で体も心もヘトヘトでした。実家では実母がいろいろお手伝いをしてくれるので、ついつい甘えてしまい、気付けば産後3ケ月近く経っていました。

妊娠中はお宮参りのことをきちんと考えていたはずが、産後は全く余裕が持てず、お宮参りのことは後回しになっていました。そんなとき義母から電話で、「お宮参りはお食い初めと一緒にするのかしら?」と言われ、ハッとしました。

お宮参りはパパママだけのものでなく、両家の両親(祖父母)にとっても大切な行事。いくら自分が余裕がなくても、やるべきこと!そう思い、早速ネットで情報収集から始めました。

産後既に3ヶ月経っており、通常のお宮参りは産後1ヶ月なので、大分遅れていました。しかし生後100日で行うお食い初めとちょうど同時にできることを知り、そうすることに決めました。

スポンサーリンク

お宮参りのスケジュールを調整!神社や会食先の選定♪

娘を出産したのが2月で、お宮参りはその3ケ月後の5月になりました。GW中は込み合いそうなので、GW明けの平日にすることにしました。参加者は、両親と両家の祖父母、赤ちゃんの7人です。

お互い実家の東北と関西。私たちの住まいは東京なので、私たちの家の最寄り駅近くの大きな神社に決めました。そこは歴史がある有名な神社で、初詣や七五三の時期には大行列ができるほどです。

当初は大変人気の神社だから混雑するだろうし、お宮参りの祈祷の予約ができないという理由から、他の神社で検討をしていました。しかし、生まれてくる赤ちゃんが一番身近でお世話になる神様だと思い、その神社に決めました。

その神社の近くに「木曽路」という宴会や冠婚葬祭に使い勝手のよいお店がありました。そこには「お食い初めコース」というものがあり、個室で赤ちゃん用のスペースも用意してくれます。会食先はそこに決定しました。

スポンサーリンク

人生初のお宮参りにドキドキワクワク!当日のお宮参りの流れ

5月中旬のお宮参り当日は、とても良い天気で、気温もちょうど良いくらいでした。神社で祈祷の時間の予約はできませんが、あらかじめ電話で祈祷を行う時間を聞いておくことができます。

だいたい30分間隔で祈祷が行われているので、お昼前の11時頃から祈祷が始められるよう段取りをしました。GW明けで平日ということもあり、神社はほどよく空いていました。

とても気持ちの良い日だったので、少し早めに行って、広い境内をみんなで散歩したり、写真を撮ったり、おみくじを引いたりしていました。祈祷までの待合室には授乳室やおむつ替え台、自動販売機などが備わっていました。

授乳場所に不安を抱えていたので、助かりました。待合室で10分ほど待ち、祈祷が始まります。玉穂料は受付で納めました。私たち夫婦で用意した5,000円です。とは言え、両家からお祝いをたくさんいただきました。

祈祷は通常は何組か同時に行うようですが、私たちの場合は幸いにも空いており、貸切状態でした。祈祷は15分程度で終わります。私はずっと赤ちゃんを抱いていました。泣き出さないかひやひやしていましたが、大丈夫でした。

その後神社を後にして、会食先へ移動しました。タイムスケジュールもばっちりで、会食先に予約した時間ぴったりに到着。そこでのお食い初めも、両家の祖父母と両親、赤ちゃんと和やかに楽しく行うことができました。

途中から赤ちゃんはぐっすり寝てしまいましたが・・・

スポンサーリンク

お宮参りした感想♪これからお宮参りを検討されている方へ。

お宮参りで揃えたものは、赤ちゃんの晴れ着と、私のワンピースです。

晴れ着は真っ白いドレスです。母が買ってくれました。店舗にも何点が置いていましたが、ネット通販の方が種類やバリエーションが多かったので、2人でネットを見て選びました。届いた商品は大満足でした。ベビー服はネット通販が安くて、品数も多くておすすめですよ。

私は妊娠中に増えた体重が5キロ近く戻っておらず、産前の服がきれいに着れなかったため、授乳服のワンピースを購入しました。

授乳服には見えない、お洒落なワンピースで、ベビーザラスで購入しました。赤ちゃん本舗やベビーザラスはベビーグッズだけでなく、マタニティやママグッズの充実しています。

お宮参りは、ママにとっては産後すぐの一大イベントで、まだ心も体も余裕がない頃です。しかし、赤ちゃんと行う初めてイベントで、何よりも思い出に残ります。お宮参り当日はバタバタしていて、写真館で写真を撮れませんでしたが、その3日後くらいにパパと娘と私の3人で撮りに行きました。

お宮参りの写真や思い出は一生残るものです。赤ちゃんは覚えていなくても、その写真を大きくなって見せてあげるのが楽しみです。

 

まとめ

私たちのお宮参りは特に大きなハプニングもなく、滞りなく完了しました。祈祷中に赤ちゃんが泣くのではなく、叫ぶ瞬間がありヒヤっとしましたが、神社の方も微笑ましく対応してくれました。

遠方の両家の祖父母が集まり、赤ちゃんを囲んでお祝いするというのは、なかなか無いので、貴重な一日でした。家族の愛情を再確認でき、ますます赤ちゃんが愛おしく思えました。

スポンサーリンク



おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

-体験談

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.