お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて最初にやってくるビッグイベント『お宮参り』。伝統的な行事ですから、お作法から服装(着物、ベビードレス)、髪型、そのほか準備することまで、知っておきたい情報満載です。

体験談

増上寺のお宮参り体験談!両親へ感謝の気持ちを伝える絶好の機会

投稿日:

増上寺のお宮参り概要

 

増上寺のお宮参り体験談

私たちはお互い24才でできちゃった婚でした。妊娠発覚後は両家ともにうまくいってませんでしたが、出産とお宮参りをきっかけに距離が近づいたと思います。

1つ大きな偶然があり、それはなんとお互いの両親が同じ増上寺でお宮参りを行っていたという事です。まさかとは思いましたが、お互いがお宮参りした写真を持参した際開いた口が塞がりませんでした。なんと本当に同じ年の違う月にお宮参りをしていたのです。

会話の少なかった両家も徐々に距離が縮まり、自然と笑顔が増えていきました。増上寺は他の神社とは一つ大きな違いがありそれは一般道路から入る際2つの大きな赤門をくぐるのですが都会の中心にあるとは思えないような素敵な構造になっております。

本殿にいくまでに天気が良い日、悪い日どちらでも感じる事のできる都会の喧騒から離れた東京タワーの独特の雰囲気は本当に心が洗われます。

勿論、増上寺ともなれば有名な神社になるので多くの参拝客や観光客がいるなかこれでもかというくらいの細かな気配り、前日の確認の連絡であったり、予約の際の電話対応など全てにおいて特別感を感じる事ができました。

やはり何事においても特別扱いというのは非常にうれしいものです。実際、自分たちが命をさずかり期待も胸いっぱいですが、やはり大きいのは不安な点です。

子供を食べさせていく事ができるだろうか、自分がケガなどをして働けなくなってしまったらどうしようなど考えてしまうときりがない事が頭をめぐります。その不安な点を取り除いてくれるのがお宮参りだと思います。

不安な気持ちから前向きな気持ちへの大きな気持ちの切り替えができたと思います。結婚式を挙げない夫婦も多いですが、結婚式よりもこじんまりとしているお宮参りは結婚式に浮かれた気分ではなく胸が高まる緊張とも似た感情になります。

子育てへのまさに決意の儀式になります。自分達の両親がどれだけ苦労してきたのかなど考える事はあってもなかなか今までありがとうなどという言葉はかけないと思いますがお宮参りは両親へ感謝の気持ちを伝える絶好の機会だと思います。

歴史と雰囲気がピカイチの増上寺であれば深い溝も埋めてくれるような印象を受けました。参拝時間も比較的長めに取ってくださりゆっくりと今後の未来へのワクワクをかみしめる事ができました。

増上寺の周辺はあまり飲食店は多くありせんが、小腹がすいた際に立ち寄れる料理屋もあるのでゆっくり回るのもいいと思います。

増上寺のお宮参り情報

スポンサーリンク



おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

-体験談

Copyright© お宮参りの輪 , 2018 AllRights Reserved.