お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

お金 写真

お宮参りの写真はいつ撮影する?料金の相場や撮り方の注意点は?

更新日:

赤ちゃんとお宮参りに行き、写真を撮影しようか迷っているママはいます。

絶対に写真撮影が必要ではないものの、一生に一回のイベントだからこそ思い出として残すために撮るのは良いのではないでしょうか。

スタジオへと行って撮影してもらいました

可愛い着ぐるみがあって良い思い出になりました

年賀状用として写真を撮影しました

こういった意見が多く、両家の祖父母も駆けつけて赤ちゃんの晴れ着姿を写真におさめておけば良い記念になるのは間違いありません。

スポンサーリンク

お宮参りの写真はいつ撮影するの?

お宮参りの写真はいつ撮影すれば良いのか気になるところで、一般的には神社でのお参りに合わせて生後1ヶ月頃を目安にします。

  • 男の子は生後31日目
  • 女の子は生後32日目

上記のようにお宮参りの時期は性別で少々異なり、生まれた場所や住んでいる地域の守り神が祀られた神社に参拝しにいくのです。

生後間もない頃の赤ちゃんは身体がデリケートなので無理をしてはいけませんが、体調に問題がなければお宮参りを終えた後に写真館やスタジオへと移動して写真を撮影しましょう。

ただし、赤ちゃんの機嫌が悪くて写真を撮る余裕がないことも多く、最近では日にちを分ける家庭が増えました。

お宮参りの当日は参拝と食事会だけ行い、別の日に写真撮影をすれば赤ちゃんの疲労を軽減できます。

お宮参りは準備で決まる!先輩ママが語る失敗しない5ヶ条

お宮参りとは「赤ちゃんがちょうど生後一ヶ月程度で行う初めての大きな行事」で、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に行うものといわれています。 そんなお宮参りには、単に赤ちゃん連れというだけでなく ...

続きを見る

スポンサーリンク

お宮参りの写真を撮影する場所はどこ?セルフでもOK?

お宮参りで赤ちゃんとの記念写真は一生の思い出となり、撮影する場所は気になるのではないでしょうか。

「○○○で撮影しなければならない」といった明確な決まりはなく、どこで撮影しても基本的にはOKです。

素敵な写真を残すために自分たちの家庭にピッタリと合う撮影場所を見つけるのが大事で、以下では方法別の特徴を大まかにまとめてみました。

お参りする神社の写真館やスタジオ

  • 大きな神社には結婚式場が近くにあり、その中に写真館やスタジオがあるのできちんとした雰囲気の写真を撮影できる

自宅近くの写真館やスタジオ

  • 自宅近くの神社でお宮参りをする場合は、最寄りの写真館やスタジオがおすすめでママと赤ちゃんの身体に負担が加わらない

出張スナップ撮影

  • プロのカメラマンに出張撮影を依頼でき、お宮参りをする神社など希望の場所で撮影できるのがメリット

セルフでの撮影

  • セルフでデジタルカメラを使って写真撮影をするのも選択肢の一つで、いつでも好きなタイミングで良い

近年では家庭用のカメラも高性能なので、セルフで写真撮影をするのも良いでしょう。

予約した時間に赤ちゃんが寝ていて起こすのは可哀想

リラックスした空間で写真撮影をするのが一番良い

赤ちゃんの機嫌を見ながらお宮参りの写真を撮りたい

このように考えている家庭であれば無理にスタジオへと足を運んだりプロのカメラマンに出張を依頼したりしなくても、自分たちで撮影して良い思い出として残すべきです。

【完全版】お宮参りの必需品は29個!季節別(春夏秋冬)のまとめ!

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

続きを見る

スポンサーリンク

お宮参りの写真撮影でおすすめのスタジオや写真館は?

Luxurious vintage interior with fireplace in the aristocratic style.

「きちんとしたお宮参りの写真を赤ちゃんと一緒に撮影したい」と考えているママには、自宅での撮影ではなくスタジオや写真館の利用が適しています。

他の方法とは異なり、スタジオで写真撮影をするメリットを見ていきましょう。

お宮参り当日だけではなく、前撮りでも後撮りでも好きなタイミングで予約できる

店舗の数は少ないものの、現在ではオシャレなフォトスタジオも増えている

商店街やショッピングモール内に店舗を構えていることも多く、食事会の近場で済ませることも可能

豊富な種類から衣装を貸し出していて、ヘアメイクを行うスタジオもある

撮影時間が決まっているので赤ちゃんが寝ていたり機嫌が悪かったりした時は満足のいく写真が撮れないというデメリットはあるものの、プロへと依頼する安心感があるのは間違いありません。

プロのカメラマンに出張撮影を依頼するのと比較すれば料金は安く済ませられますし、後々になって見返した時に「撮っておいて良かった~」となるはずです。

以下ではお宮参りの写真撮影でおすすめのスタジオや写真館を幾つか紹介しているので、参考にしてみてください。

スタジオ・写真館 概要
スタジオアリス 全国に478店舗と非常に多く、お宮参り用の掛け着を翌日まで無料でレンタルできる
スタジオプリンセス シンプルな料金プランで分かりやすく、写真撮影だけが希望の家庭におすすめ
スタジオマリオ 多種多様な写真データからお気に入りのカットを選んで写真撮影ができる
スタジオキャラット 掛け着のレンタルだけではなく、写真撮影料が無料となるキャンペーンが定期的に行われている
フォトスタジオフルリ お宮参り以外にも、七五三や入園の記念写真撮影の際におすすめ
スタジオパレット 女性のフォトグラファーが在籍していて、家族に寄り添ったサービスが魅力的

ママにとっても赤ちゃんにとっても一番大事なのはお宮参りでも写真撮影でもなく体調なので、無理をして遠くのスタジオへと足を運ぶのは避けるべきです。

スタジオアリスのお宮参り撮影!安く済ませるクーポン作戦

赤ちゃんができたら誰もがその可愛らしく愛くるしい姿を記念に写真に残したいと思うものです。特に赤ちゃんの一番最初のイベントであるといえるお宮参りの写真は絶対に残しておきたいですよね。 でもいざ写真館に行 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スタジオでの写真撮影で料金の相場はどのくらい?

スタジオでお宮参りの写真撮影を行うに当たり、料金の相場がどのくらいなのか気になります。

まずは発生する料金の内訳について見ていきましょう。

撮影料

フォトブック作成

衣装の貸し出し

大手スタジオでは基本撮影料金が3,000円程度と設定されていますが、その他にも費用はかかります。

全てをトータルすると相場は20,000円~30,000円程度で、欲しい写真の枚数が多かったりオプションを付け加えたりすれば50,000円を超えることも珍しくありません。

お宮参りの着物の購入やレンタルでもコストがかかりますし、金銭的な負担を抑えたいのであれば大手のスタジオではなく個人経営の写真館がおすすめです。

10,000円前後と料金は安めに設定されていて、予約が殺到することは少ないので自分たちの希望のタイミングで撮影できます。

スポンサーリンク

お宮参りの写真の撮り方で注意すべきポイントは?

以下ではお宮参りの写真の撮り方で注意すべきポイントを幾つか挙げてみました。

赤ちゃんの記念写真を撮影する際は予測できないトラブルが起こることも多く、皆さんが想像している以上に大変なので初出産後のママはきちんとチェックしておきましょう。

撮影時に赤ちゃんの機嫌が悪くなって泣き出さないように、必ず授乳やミルクを済ませておく

朝から昼間にかけての時間帯は他の人の予約で埋まりやすく、早めにスタジオへと問い合わせておく

赤ちゃんのお宮参りの服装は祝着を洋服の上からフワっと羽織らせるだけでOK(スタジオでは無料貸し出しを行っている)

撮影時は赤ちゃんの気を引かせるためにお気に入りのおもちゃを用意しておく

赤ちゃんのお腹をいっぱいにして満足してあげれば、泣き止むリスクは低くなります。

しかし、お腹いっぱいになった後に寝てしまって写真撮影ができないケースも多く、事前にミルクの間隔や赤ちゃんが寝るタイミングを把握しておくべきです。

また、「せっかく予約したのにキャンセルするのは勿体無い」と考える方はいますが、生後1ヶ月程度の赤ちゃんは私たちの想像以上にデリケートで体力がありません。

疲れで体調不良を引き起こすことも多く、無理をしないで早めに切り上げるのもお宮参りの写真撮影で注意すべき点の一つです。

お宮参りの服装で授乳服は必要?どこで購入できる?

授乳服は産後のママに大いに役立つ洋服で、現在では様々なブランドから登場しています。 一昔前はバリエーションが少なかったものの、今は自分好みのデザインの授乳服を見つけられるでしょう。 産後に授乳服を購入 ...

続きを見る

 

まとめ

赤ちゃんや子供の成長はとても早く、「お宮参りの写真を撮影しておけば良かった・・・」と後悔しても時間を戻すことはできません。

一生に一度のイベントだからこそ、悔いのないように記念日に合わせて成長を写真へと残すべきです。

とは言え、スタジオでの写真撮影は時間のタイミングが合わなかったり、赤ちゃんの体調が優れなかったりと幾つかのハードルがあるのでセルフでの撮影も視野に入れておきましょう。

  • 可愛く撮影するためにAUTO(オート)モードを使用しない
  • 発色が悪くなるのを防ぐためにフラッシュは使わない
  • カラーの補正を行うホワイトバランス機能を使う
  • ピントを子供に合わせるためにフォーカスロックを使う

これらのやり方で普段の写真が変わるので、テクニックを身につけてとっておきの1枚を撮影してみてください。

スポンサーリンク



おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

-お金, 写真

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.