お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

愛媛県 大洲市

はちまんじんじゃ 八幡神社

道ひらきの神「宗像三女神」を祀る

第一殿には天照大御神と素盞鳴尊の誓約(うけい)によって生まれた「田心姫尊(たごりひめのみこと)」「湍津姫尊(たぎつひめのみこと)」「市杵嶋姫尊(いちきしまひめのみこと)」の比売神を御祭神に祀る。この比売神は「宗像三女神」とも呼ばれ、道をお導きになる“道ひらきの神様”として古より崇敬を受けている。また、比売神は海上交通の安全のために祈りを捧げていたことから、交通安全の神様としても広く知られている。

創建は聖武天皇の時代、天平年中(729~749年)と伝えられている。伊予の国喜多の郡矢野の郷なる「矢野の神山」(神社古文書では出石寺山であろうとしている)に鎮座していたのを、鎌倉時代に現在の地に遷座したと伝わる。

本殿及び棟札は大洲市の重要文化財に指定されている。


八幡神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

八幡神社の口コミ

【参加者】私 主人 娘 主人の両親 私の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
一人目の子供で、お宮参りをすることが初めてで、いくらお包みすればいいのか、何と書けばいいのかなどもわからなかったので、全て神社に聞くことにしました。別の神社で結婚式を挙げるときは、気持ちをお包みいただければ結構です。と、はっきりした金額を言われなかったことがあったので、どのように神社から言われるか不安でしたが、きちんと金額と、初穂料と書くこと、なども教えてもらい安心しました。
四月に行ったのですがとても寒い日だったので受付の方から赤ちゃんが寒いと思うので、待合室でお待ちくださいと優しい声をかけてもらいました。
お宮参りの家族だけでなく、車を購入した方の安全祈願なども同時にしたので、なんとなく不思議な気持ちになりました。ただ、始まる前に、赤ちゃんがぐずったら立ち上がって動いてもいいですよ、などの気遣いがうれしかったです。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.