お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

愛知県 犬山市

はりつなじんじゃ 針綱神社

安産・戌の日にゆかりある神社

天火明命の子孫であり尾綱根命の子である「尾治針名根連命」と、「玉姫命」「菊理姫命」他八柱を御祭神に祀る。東海鎮護、水産拓殖、五穀豊饒、厄除、安産、長命の神として、濃尾の総鎮守とされている。

創立年は不明。式内社であり、927年(延長5年)の延喜式神名帳には尾張国丹羽郡「従一位針綱明神」または「正一位針綱明神」とされている。

安産、子授けの御神徳を有すると伝えられている。これは、1537年(天文6年)、織田信康が自ら手彫りの狛犬一対を奉納して安産祈願したことからである。以来、戌の日に安産祈願すると良いとされている。

犬山城の守護神でもあり、三光稲荷神社と同じく犬山城の南の登城入り口近くにある。また犬山祭は、針綱神社の祭礼である。


針綱神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

針綱神社の口コミ

【参加者】私、家内、親、妹夫婦、甥
【初穂料】10,000円
【感想】
針綱神社は国宝犬山城の麓にある神社で、お宮参りや厄除け、結婚式など様々な参拝・祈祷にご奉仕されています。私は自身の厄除けのお祓いに行き、また甥子の七五三にも御祈祷をお願いしました。
神社は犬山城と同じ敷地にあり、城山の中腹にある本殿へは駐車場から石段を登る必要があります。そのため、ベビーカーや車椅子などでは行きづらいかもしれません。御祈祷の申込みは受付で行います。特に予約等は必要なく、受付を済ませると待合室で案内されるのを待ちます。祈祷の際は下足を脱ぎ、本殿へ案内されます。神主さんに御祈祷・お祓いをしていただくと、お札やお神酒を戴くことができます。
神主様をはじめ、巫女さんなどスタッフの型の案内もとても親切で、滞りなく参拝・祈祷を済ませることが出来ます。
最寄りの犬山駅からは徒歩で15分程です。神社入り口鳥居前と第2駐車場合わせて40台ほど駐車可能なので、車での参拝が便利でしょう。年始や七五三シーズンなどは週末になると混雑することもあるようなので、事前に問い合わせると良いようです。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.