お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて最初にやってくるビッグイベント『お宮参り』。伝統的な行事ですから、お作法から服装(着物、ベビードレス)、髪型、そのほか準備することまで、知っておきたい情報満載です。

「ミルク作りに絶対あったほうがいい!」先輩ママが語るウォーターサーバーの選び方とおすすめTOP3

赤ちゃんのミルク作りは産後のママにとって繊細な作業です。

赤ちゃんの身体は大人とは違って未熟で、胃腸の働きが弱いからこそ使用する水に配慮しなければなりません。

水道水の中に含まれている残留塩素(カルキ)が負担になる

ミネラルやカルシウムの多い硬水は内臓にダメージが加わりやすい

こういったリスクがあるため、粉ミルクを作る時は原則的に沸騰させて殺菌する必要があります。

抵抗力や免疫力の弱い赤ちゃんには有害なので欠かせないのですが、ミルクを作る際に時間がかかるのがデメリットです。

そんな時に役立つのがウォーターサーバーで、時間をかけずに安心安全のミルクを作る方法として現在では主流となりました。

「ミルク作りに絶対あったほうがいい!」と出産後のママから高く支持されていて、ウォーターサーバーがあれば「水道水を沸騰させる」⇒「人肌で冷ます」⇒「ミルクと混ぜる」と面倒な方法を取らずに済みます。

 

赤ちゃんのミルク作りに役立つウォーターサーバー!

赤ちゃんのミルク作りでウォーターサーバーを使うメリットは?

現在ではウォーターサーバーを取り入れている家庭が多く、どんな使い道があるのか幾つか挙げてみました。

そのまま飲料水として飲む

コーヒーやお茶を作る時に使う

赤ちゃんのミルクを作る時に使う

料理やインスタント食品で使う

お酒を割る際に使用する

これらの中でも赤ちゃんのミルク作りには大いに役立ち、ウォーターサーバーにどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 無菌状態のお湯が直ぐに使用でき、やかんで沸かしたり電気ポットを使ったりしなくても良い
  • 不必要な不純物や細菌が取り除かれているので安全性が非常に高い
  • 赤ちゃんの内臓に負担をかけない硬度が低い軟水を提供している会社が多い
  • 80℃程度のお湯を出すことができるため、70℃以上のお湯を用意しなければならない粉ミルクでも安心

使用する水の安全性が高いのが魅力的なポイントで、水道水とは違って沸騰させなくてもそのままウォーターサーバーのお湯や冷水を使用できます。

もちろん、サーバー本体の清掃を小まめに行って清潔な状態をしっかりとキープしなければなりません。

正しい方法で使用していれば赤ちゃんに害のない無菌状態の水でミルクを作ることができ、赤ちゃんが成長して離乳食を作る際にも役立ちます

赤ちゃんのミルク作りで使うウォーターサーバーの正しい選び方は?

ウォーターサーバーと一口に言っても、様々なメーカーから機能の異なる製品が登場しました。

とある調査によると、約40%の人が妊娠期や出産後に導入していると結果が出ています。

しかし、ウォーターサーバーであれば何でも良いわけではなく、正しい選び方を押さえておかなければなりません。

どんな基準で選べば良いのか分からない

種類が多すぎて把握することができない

本当に安全性が高いのか不安

このように考えている初出産後の女性は、赤ちゃんのミルク作りで使うウォーターサーバーの正しい選び方で先輩ママ達の意見を参考にしてみてください。

サーバーの本体に細菌対策が施されているかどうか

ウォーターサーバーの本体に細菌対策が施されているかどうかは、選び方の重要なポイントとなります。

麻布大学の古畑勝則教授が実施した調査によると、本来は安全性が高いはずのウォーターサーバーで全体の3割が水道水の一般細菌の基準値を上回っていることが分かりました。

外気に晒されている注ぎ口に雑菌やカビの原因となるバイオフィルムができている

ボトルを交換する際に雑菌が内部へと入り込む

サーバーの内部は汚れていても掃除ができない

上記の理由で水の品質が悪くなり、これでは赤ちゃんのミルク作りで使う意味がありません。

そこで、サーバーの内部にクリーニングする機能やUV除菌ユニットが備わっている製品を選べば、衛生面で安心できるので安全な水を使って赤ちゃんにミルクを与えられます。

ウォーターサーバーの特徴で比較する

細菌対策だけではなく、他にもウォーターサーバーの特徴で比較してみましょう。

各メーカーによって搭載されている機能には違いがあり、オーソドックスなものを幾つか挙げてみました。

赤ちゃんや子供が火傷しないようにチャイルドロックが取り付けられている

容器が圧縮されて真空状態を保てるボトル真空構造が備わっている

カウンターやテーブルにも置ける卓上型で使い勝手が良い

エコモードに対応していて電気代の節約に繋がる

赤ちゃんのミルク作りに加えて、離乳食や大人の飲み水など様々なシチュエーションで役立ち、長期間に渡って使用するからこそストレスなく使えるメーカーのウォーターサーバーを選ぶべきです。

硬度の低い天然水や純水に近いRO水を使っている

サーバー本体の性能が良くても、使っている水の品質が悪ければ意味がありません。

そのため、硬度の低い天然水や純水に近いRO水を使っているウォーターサーバーがおすすめです。

硬度の低い天然水

  • 内臓が未発達な赤ちゃんに硬水を飲ませると下痢の症状を引き起こしやすく、硬度が120mg/l以下なのが必須

RO水

  • 赤ちゃんのミルク用の水に不要なミネラル成分が含まれていないので安心して飲ませられる

このような特徴があり、どちらもミルク作りに大いに役立ちます。

天然水に関しては自然にろ過されて蓄えられているので化学処理はされていないものの、不純物が除去されたナチュラルウォーターと天然のミネラルが含まれたナチュラルミネラルウォーターの2つがあるので注意しましょう。

ボトルの交換のしやすさで比較する

一般的なウォーターサーバーの場合、12リットルの重さのあるボトルを頭の位置まで持ち上げて使用する仕組みとなっています。

出産後の体力のないママにとっては大きな負担になりやすいので、ボトルの交換のしやすさも選び方で押さえておきたいポイントです。

足元で交換ができて力のない女性でも安心

通常よりも軽量のパックが採用されている

こういった特徴を持つウォーターサーバーは増えており、家の中で生活することの多いママがボトルを交換する機会が多いからこそ負担の少ない製品を選びましょう。

コストパフォーマンスの良さで比較する

ウォーターサーバーを自宅へと取り入れるに当たり、下記の費用が発生します。

  1. 水代
  2. サーバー代
  3. 電気代
  4. 水の送料

水道水を使う方法とは違って一定の月額料金がかかるので、コストパフォーマンスの良さは比較すべき点の一つです。

水の消費量によって安いウォーターサーバーは異なり、どのくらいの水を使うかによって月額料金で選びましょう。

また、電力を多く消費するタイプは1ヶ月間で1,000円、消費電力が少ないタイプだと1ヶ月間で500円と電気代には2倍程度の開きがあるため、省エネ機能を搭載したメーカーの製品もおすすめです。

 

赤ちゃんのミルク作りで使いたいおすすめのウォーターサーバーTOP3

以下では、赤ちゃんのミルク作りで使いたいおすすめのウォーターサーバーをランキング形式で3つ紹介しています。

それぞれ違った機能や特徴があり、長く使い続けることになるからこそ自分の家庭にピッタリのものを選ぶべきです。

3つとも品質が高くて人気を得ているので、選び方で迷っているママは参考にしてみてください。

1位 クリクラミオ

「赤ちゃんに安心の天然水を与えたい」と考えるママのために、ウォーターサーバーのクリクラミオは登場しました。

RO水のウォーターサーバーで4年間連続でナンバーワンのシェアを誇るクリクラの天然水バージョンで、2015年と比較的新しい製品です。

ウォーターサーバーの衛生面で不安を抱えている

小さな赤ちゃんを子育てしている

水の使用量はそこまで多くない

上記に該当する家庭でおすすめで、今主流のワンウェイ方式(軽量パック)が取り入れられています。

旧式のリターナブル方式のウォーターサーバーの場合、外気が流れ込むので酸化してカビが発生しやすく、ボトルのレンタルで配達や受け渡しが不便なデメリットがあるので注意しなければなりません。

その点、クリクラミオは使い切りボトルがお届けされるワンウェイ方式なので、衛生面でも利便性でもメリットが大きいのです。

他にも、クリクラミオのおすすめポイントや特徴について詳しく見ていきましょう。

  • より安全性を高めるために高圧高温蒸気で加熱殺菌した富士の天然水が採用されている
  • 1年間に1回のペースで無料でサーバーを綺麗なものに取り換えてくれる
  • 気になるメンテナンスが無償で実施されていて、アフターサービスが整っている
  • サーバーレンタル料や配送料は不要で、ボトル代金だけを支払えばOK
  • 使い捨てのワンウェイタイプでボトルは8リットルと容量が少なく、女性でも持ちやすい仕組みになっている
  • 経済産業省推奨仕様のチャイルドロックが搭載されているので小さなお子様がいても安心

料金や水の美味しさに加えて、サポート体制やアフターサービスでもたくさんの魅力があります。

「1週間」「2週間」「3週間」「4週間」「5週間」「6週間」と水の宅配周期を自由に選択でき、家庭での消費量に合わせてクリクラミオを取り入れてみてください。

➤➤➤「クリクラミオ」を見てみる

2位 フレシャス

フレシャスは拘りを持ったウォーターサーバーの一つです。

中でも他のウォーターサーバーと比較してデザインを重視していて、コンパクトなサイズなので場所を取る心配はありません

家のインテリアの一部になるからこそデザイン性も見過ごすことはできず、下記の種類の中からお好きなものを選択できます。

dewo(デュオ)5color

slat(スラット)2color

Carrio(キャリオ)3color

どれもスリムでオシャレなデザインが採用されており、それぞれ豊富なカラーの中から選べるのもメリットの一つです。

もちろん、衛生面や安全性も重視しているからこそ赤ちゃんのミルク作りに大いに役立ち、フレシャスのおすすめポイントをまとめてみました。

  • 硬度は20~21と赤ちゃんの身体に優しい軟水が使用されている
  • 「富士」「木曽」「朝露高原」の3種類の美味しい天然水(ナチュラルミネラルウォーター)が採用されている
  • 天然水の美味しさをキープするために外気と触れ合いにくい無菌エアレスパックが使われている
  • 7Lの取り替えパックのワンウェイ型で、女性でも気軽に持ち運びがしやすい
  • 「サーバーレンタル」「配送料」「メンテナンス料」が全て無料でコスパが良い
  • 解約金全額キャッシュバックや他社からの乗り換えといったキャンペーンが用意されている

ボトル交換のしやすさや宅配システムなど、様々な項目で2016年オリコン顧客満足度ランキングの天然水部門でナンバーワンに輝いています。

自然の恵みをそのままお届けしてくれるので、高品質な水を使って赤ちゃんのミルクを作りたいと考えているママはフレシャスを選んでみましょう。

3位 プレミアムウォーター

プレミアムウォーターは赤ちゃんがいる家庭から愛されているウォーターサーバーの一つです。

赤ちゃんの粉ミルクだけではなく、「普段の料理に使っても素材の味が引き立つ」と高い評判を得ています。

なぜ美味しいと言われているのか、プレミアムウォーターで取り扱っている天然水の種類を見ていきましょう。

富士山

  • 非加熱100%でカルシウムやマグネシウムなど自然のミネラルを豊富に含んでいる

金城

  • 花崗岩でじっくりとろ過されていて、温泉にも含まれるミネラル分が入っている

阿蘇山

  • 美容効果やアンチエイジング効果の高いミネラルのシリカを含む

ママの想いを叶えた高品質100%の天然水で、マタニティ雑誌として有名なたまごクラブでも紹介されました。

他のウォーターサーバーと異なり、プレミアムウォーターにどんな特徴があるのかチェックしておきましょう。

  • 天然水の温水と冷水を簡単に使い分けて赤ちゃんのミルクや料理として使用できる
  • モンドセレクション金賞やiTQi最優秀味覚賞など国際的に味と品質が認められている
  • チャイルドロックとチャイルドロックカバーの二重構造の採用で小さなお子様がいても安心
  • 硬度が25mg/lと低い軟水が使われているので赤ちゃんの身体に負担が加わらない
  • フィルター除菌や無菌クリーンルームでのボトリングなど、厳しい水質検査を行っている
  • プレミアムベビークラブなら500mlの水が約57円とコスパが良い

「赤ちゃんのミルクを作るのにミネラルが入っていても大丈夫なの?」

と疑問を抱えているママはいます。

しかし、プレミアムウォーターはミネラルバランスの良い軟水なので安全性が高く、ママと赤ちゃんの両方を考えたサーバー設計となっているので毎日の生活の中に取り入れてみてください。

 

まとめ

赤ちゃんのミルクを作るに当たり、ウォーターサーバーを使うメリットが非常に大きいことがお分かり頂けたのではないでしょうか。

  1. 哺乳瓶の中に粉ミルクを入れて、ウォーターサーバーのお湯を3分の2程度出す
  2. 哺乳瓶の蓋を閉めてから粉ミルクが溶けるまでしっかりと振る
  3. 残りの3分の1の冷水を注いで冷まし、赤ちゃんに飲ませてあげる

このように簡単な流れで美味しいミルクを作ることができ、安全性と利便性の両方が魅力的です。

上記で紹介した3つのウォーターサーバーはどれもインターネットで高い評判を得ているので、天然水の種類や毎月の月額料金で比較してみましょう。

更新日:

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.