お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

鹿児島県 指宿市

いぶすきじんじゃ 揖宿神社

数々の文化財を有する神社

揖宿神社(いぶすきじんじゃ)。旧名「開聞新宮九社大明神」とい、かつては「しんぐう神社」だった。

慶雲3年(706年)に天智天皇の遺品を奉じて作られた「葛城宮」が創始という。その後、貞観16年(874年)の開聞岳の噴火により被災した枚聞神社を避難遷宮し「開聞新宮九社大明神」と称するようになった。

明治になって「揖宿神社」と改称し、郷社に列した。現在は単立神社である。

社殿は、本殿・舞殿・拝殿・勅使殿を一列に配し、勅使殿の左右に東長庁・西長庁を備える建物群である。以上の社殿は総楠造りで、棟梁は阿蘇鉄也の造営である。

5月下旬の日曜日には、神幸祭が行われる。この行列にお供した稚児は健康で素直な子供に育つと言われ、350年の歴史のある伝統行事となっている。
文化財として以下のものが指定されている。

鹿児島県指定有形文化財、能面3面 - 室町時代頃の作品。鹿児島県指定天然記念物、境内森林の鬱蒼とした景観である揖宿神社の社叢。指宿市指定有形文化財、本殿・舞殿・拝殿・勅使殿。指宿市指定有形民俗文化財、田の神依代ムクノキ。


揖宿神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.