お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

京都府 京都市北区

いまみやじんじゃ 今宮神社

疫病を鎮めた病気平癒の神社

別名「玉の輿(たまのこし)神社」とも言われる。京都市北区・上京区において大きな氏子区域を持ち、祭礼の規模が比較的大きな神社として知られている。

「大己貴命(おおなむちのみこと)」「事代主命(ことしろぬしのみこと)」「奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)」の三柱を御祭神に祀る。

現在の今宮神社がある土地には、794年(延暦13年)の平安遷都以前から疫神スサノオを祀る社(現在摂社疫神社)があったとされる。平安遷都後にはしばしば疫病や災厄が起こり、神泉苑、上御霊神社、下御霊神社、八坂神社などで疫病を鎮めるための御霊会が営まれた。994年(正暦5年)にも都で大規模な疫病がはびこったため、朝廷は神輿2基を造って船岡山に安置し、音楽奉納などを行った後、疫災を幣帛に依り移らせて難波江に流した。民衆主導で行われたこの「紫野御霊会」が今宮祭の起源とされ、京都の他の都市祭礼と同じく災厄忌避を祈願する御霊会として始まった。


今宮神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

今宮神社の口コミ

【参加者】私 主人 息子 娘 主人の母
【初穂料】5,000円
【感想】
主人の実家で同居している私は、子供のお宮参りは、京都市の今宮神社でします。今宮神社は、地元の人の行事のたびに通う神社です。
こじんまりとした中にも歴史があり、御祝い事があるたびにお参りに行きます。松の木がお生い茂り、長男は松ぼっくりをひらって喜んでいました。おごそかな中で御祈祷していただくと、子供が健康ですくすく育ってくれるような気持ちになります。
京都は、神社がたくさんありますが、私は、主人の地元の今宮神社が大好きです。入口には、有名なあぶり餅も販売していて、あぶり餅は、一度食べると癖になるおいしさです。お宮参りに行ったら、是非あぶり餅も召し上がっていただきたいですね。家族総出で、着物姿で記念撮影もしました。
素敵なお宮参りになりました。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.