お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

香川県 高松市

いわせおはちまんぐう 石清尾八幡宮

多くの参拝客が訪れる高松の氏神

祭神は足仲彦命(仲哀天皇)、誉田別命(応神天皇)、息長帯姫命(神功皇后)。高松市中心市街地の南西部、石清尾山の東側の裾野に鎮座している。

高松の氏神だけあり、初詣などには多くの参拝客が訪れるほか、市立祭や例大祭では参道から御旅所まで続く八幡通り約670mを歩行者天国にして露店が立ち並ぶなど、高松市内の神社祭事でも最大規模の祭りとなる。

伝説による由緒は918年(延喜18年)、八幡大神が讃岐国香川郡野原庄(現・高松市)の赤塔山(現・石清尾山)に現れて、これを祭ったものと伝えられている。もう一つの由緒は、当時の国司が京都の石清水八幡宮の分霊を亀尾山上に祭ったというものである。社名も石清水と亀尾の名を併せて石清尾八幡宮と称したとされる。


石清尾八幡宮のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

石清尾八幡宮の口コミ

【参加者】私、主人、長男、次男、主人の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
次男のお宮参りで行きました。転勤で高松に住んでいるので、主人の両親はわざわざ遠方からお宮参りのために駆けつけてくれました。
石清尾八幡宮は駐車場が無料完備されています。街から近い神社なので、とても行きやすいです。神社の帰りに買い物をする場所もたくさんありますし、食事をする場所もたくさんあります。
石清尾八幡宮は階段を結構登らなければいけません。お年寄りには少し大変かもしれません。でもその分上からの見晴らしはとても綺麗です。
特に晴れの日がお薦めです。記念写真を撮るには絶景のポイントだと思います。私たちがお宮参りに入った日は日曜日でしたが、朝一に行ったのでとてもすいていました。
私たちが帰るときに一組来ていたぐらいです。神社の人の対応もとてもよかったです。お守りも買いました。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.