お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

奈良県 奈良市

かすがたいしゃ 春日大社

歴史と由緒ある世界遺産の神社

春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「下がり藤」。

全国に約1000社ある春日神社の総本社である。武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。ユネスコの世界遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録されている。

「武甕槌命(藤原氏守護神、常陸国鹿島の神)」「経津主命(藤原氏守護神、下総国香取の神)」「天児屋根命(藤原氏の祖神、河内国平岡の神)」「比売神(天児屋根命の妻、河内国平岡の神)」の四柱を御祭神に祀る。総称して「春日神」と呼ばれる。


春日大社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

春日大社の口コミ

【参加者】私、主人、息子
【初穂料】5,000円
【感想】
こちらの神社に決めたのは自宅から近く車で行ける距離だったからです。お宮参りはとても空いていましたので、あまり待たずに済ますことが出来ました。
お宮参りをする神社の建物はとても広く、そして私たちだけでした。そしてお宮参りをしたのですが、それほど長い時間でもなく、椅子も座りやすいものを用意してくれました。
そして足元にはストーブなどを炊いてくれました。冬だったので助かりました。終わると文字を額に書いてくれました。そして少し世間話などをして終わりました。
写真をあまり撮っていなったので、撮れば良かったなぁと思いました。皆さんとても親切だったので、また子供ができたらこちらの神社でお宮参りをしたいな、と思っています。
【参加者】私、主人、息子、私の両親、夫の両親
【初穂料】10,000円

【感想】
春日大社は世界遺産にもなっていますし由緒ある神社ですので、参拝される方も多いです。お宮参りも土日祝日などは重なることが多いですし、とにかく早めに行かれることをおすすめします。
特に、祈祷の後食事会を予定されていることが多いので、午前中~昼過ぎにかけてはそれはもう混み合います。駐車場は祈祷所近くにあるのでそこに停められると3分ほど歩く程度なので楽です。
ただ、砂利が多いのでベビーカーを押して行くのは少し大変かもしれません。
大人がたくさんいるなら抱っこし合ってか、どうしてもベビーカーが必要なら祈祷所までは畳んでどちらかが持ってく方が無難です。
祈祷は受付を済ませて何組もまとめてされるので、タイミングによってはすぐ呼ばれる場合もありますし、長く待つ場合もあります。
うちは、長男の時は結構待ちましたが次男のときは比較的早かったです。祈祷中は撮影などは出来ません。とても厳かな雰囲気の中進むので、身が引き締まると思います。
我が子の名前が呼ばれた時は涙が出そうになりました。大きな神社で人も多く混みますが、私はこちらで祈祷していただき良かったなと今でも思っています。兄弟共に元気に育っていますよ。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.