お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

静岡県 熱海市

きのみやじんじゃ 来宮神社

民間信仰「キノミヤ信仰」に由来する神社

「日本武尊(やまとたけるのみこと)」「五十猛命(いたけるのみこと)」「大己貴命(おおなもちのみこと)」を主祭神に祀り、稲荷神社・柿本社・天神社を相殿に祀る。

創建時期は定かではないが、社伝によると和銅3年(710年)、熱海湾で網に木の根が掛かる事が3度重なり、不思議に思った漁師があらためると神像のようであったので、近くの松の下に祀って、持っていた麦こがしを供えたところ、その夜の夢に五十猛命が現れ、潮騒が耳障りであるとの神託があり、現在地に遷祀したといい、木の根を神体としたところから「木の宮」と称えたという。漂着物を祀ったのに始まり、祭神を木の神五十猛命とするなど、キノミヤ信仰が顕著に認められる神社である。

7月の例祭では創建の事情に因んで、麦こがしを中心に百合根、橙、ところを供える。神輿の渡御では道中に麦こがしを撒き散らすので、こがし祭と呼ばれ、これを浴びると夏の病気に罹らないという。


来宮神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

来宮神社の口コミ

【感想】
来宮神社は比較的交通量が多いとこにある神社でしたが、境内はとてものどかでした。
私たちが訪れたのは平日でしたが、参拝者で込み合っていました。それだけここが素晴らしい所なんだなと思いました。
実際に参拝する場所は二か所あり、一つは神社では必ずお目にかかる拝殿でしたが、その拝殿がとても綺麗でした。もう一つは日本屈折のパワースポットと呼ばれる樹齢二千年以上も経つ大楠の前で参拝しました。また、参拝だけではなく大楠の周りを時計回りに願いを唱えながら無言で一周すると寿命が一年延びるという事を聞いたので記念として大楠の周りを一周しました。さすがに樹齢二千年ということもあってか周りにある木々よりもはるかに幹が太く、とても立派でした。こんな立派な大楠を目の前で見れたので一年だけではなく十年以上も寿命が延びたように感じました。さらに、大楠自体の撮影が大丈夫だったので撮影できたことは今でも誇りに思っています。
この大楠のように今後も立派に育っていきたいと思いました。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.