お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

熊本県 熊本市中央区

くまもとじょういなりじんじゃ 熊本城稲荷神社

熊本市民の崇敬を集める生活の守護神

通称「白髭さん」。熊本城東側の市街地付近に位置し、北隣に熊本大神宮がある。本殿の背後には熊本城本丸の石垣がそびえている。

御祭神は白髭大明神(生活守護の神)、緋衣大明神(火伏・学業・芸能の神)、玉姫大明神(良縁・縁結びの神)、通力大明神(金運・勝負の神)、辰巳大明神(安産の神)、猿田彦大神(開運・交通安全の神)、子安大明神(子育ての神)、白菊大明神(商売繁昌の神)、貞広大明神(土木・建築の神)、源作大明神(五穀豊穣の神)などを祀る。

加藤清正が天正16年(1588年)に肥後国(現在の熊本県)へ入国するに当たり、居城となる熊本城の守護神として稲荷神を勧請したことに始まる。以後、生活の守護神として熊本市民の崇敬を集めている。


熊本城稲荷神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

熊本城稲荷神社の口コミ

【参加者】私、嫁、息子、私の両親、嫁の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
お宮参りに関しては、当人はもちろん親だってそう何度も経験しているものではないだけに、一般的なマナーがわかりにくいものでもあります。また親の時代と今では違う部分もあるでしょうし。
もうすぐ2ヶ月になる息子のお宮参りに先日行ってきました。熊本在住なので、熊本城稲荷神社に参りに行きました。
やはりお宮参りは暖かくなってきたころに行ったほうが良いですね。夏の暑い時期は汗が噴き出てくるし、冬はこごえるし。春か秋の天気のいい日に行った方がゆっくりとお宮参りができると思います。
お宮参りには各地でいろんな風習があるようで、うちの親は「父方母方の両親も参加が常識」と言っていましたが、嫁の親は「お宮参りは父方の両親がやる行事だよ」と言っていました。結局はみんな参加でお宮参りしましたけどね。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.