お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

和歌山県 田辺市

くまのほんぐうたいしゃ 熊野本宮大社

日本一高い大鳥居が見られる神社

熊野三山の一つ。家都美御子大神(けつみみこのおおかみ、熊野坐大神〈くまぬにますおおかみ〉、熊野加武呂乃命〈くまぬかむろのみこと〉とも)を主祭神とする。その他にも天照大神、天忍穂耳命など全部で13柱の神々を御祭神に祀る。

1871年(明治4年)に熊野坐神社(くまのにますじんじゃ)として国幣中社に列格し、1915年に官幣大社に昇格した。

現在の社地は山の上にあるが、1889年(明治22年)の大洪水で流されるまで社地は熊野川の中州にあった。明治以後、山林の伐採が急激に行われたことにより山林の保水力が失われ、大規模な洪水が引き起こされ、旧社地の社殿は破損した。現在、旧社地の中州は「大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれ、日本一高い大鳥居(高さ33.9m、横42m、鉄筋コンクリート造、平成12年完成)が建っている。


熊野本宮大社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

熊野本宮大社の口コミ

【参加者】私、主人、主人の両親
【初穂料】10,000円
【感想】
主人の両親に聞くと、お宮参りは赤ちゃんがちょうど生後一か月程度で行う初めての大きな行事ということなので、うちは女の子だったので、生後32日目に行うと言われそうしました。
何を着てきえばいいのか迷いましたが、ワンピースが無難だと思いそうしました。赤ちゃんに着せるものを主人の両親に聞くと、ベビードレスや着物が一般的だと言うので、私はベビードレスの白のかわいいのにしました。
先におばあちゃんとおじいちゃんにも相談して私の好きなのでいいということでしたので、自分で選べてうれしかったです。
お宮参りの記念写真はプロのカメラマンが撮っていただいたので安心でした。赤ちゃんが泣かないようにミルクをいっぱいのませてから写真をとってよかったです。
泣いていたら大変ですので事前に両親に用意するように言われていたのがよかったです。何事も先に聞いておくのが秘訣です。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.