お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

広島県 広島市西区

みわみょうじん 三輪明神

方除、治病、縁結び等御神徳あらたかな神社

三輪明神大神神社は、日本最古の神社として知られており、大神を「おおみわ」と読むところから、大神の中の大神として崇拝されてきた。

御祭神の「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」は、日本の国土を拓き、農業・工業・商業すべての産業開発、方除、治病、造酒、製薬、禁厭、交通、航海、縁結びなど、世の中の幸福を増進する事を計られた人間生活万般の守護神とされている。

当分祠は奈良県桜井市の三輪山御鎮座の三輪明神大神神社より御霊を分祀したのが創始とされている。

御祈祷は8時半から16時の間で受け付けられており、 事前予約は不要で、参拝時にその場で申し込む。所要時間は20分程度で、全組一緒に昇殿する形式。初穂料は5000円からお気持ちで受け付けている。初宮詣りの御祈祷記念品として、御神札、初宮詣御守、絵馬が授与される。


三輪明神のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

三輪明神の口コミ

【参加者】私、主人 息子 娘 私の両親
【初穂料】3,000円
【感想】
三輪明神は、広島市の高台にある神社です。神社からの眺めはとても良く瀬戸内海と広島の町並みが見渡せます。本殿はとても広くたくさんのお参りがあります。
三輪明神のと隣り合わせでホテルがあり、こちらでは美味しい食事や入浴の施設もあり、お宮参りの帰りに皆で食事をしました。結婚式も行われるようなホテルです。
そのホテルから広島では屈指の進学校が見えるのですが(すぐ隣の方にあります)息子が、あの学校に通うようなえらい子に育ちますように…とお宮参りの時願いました。
その十何年後に息子はその学校に入学いたしました。何かの縁があったのかな?と今になっては思います。
三輪明神の神様が私の願いを叶えて下さったのだと思い、今でも必ずお正月の初詣に参拝しています。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.