お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

長崎県 長崎市

ながさきやま きよみずでら 長崎山 清水寺

国指定重要文化財の本堂が見どころ

清水寺(きよみずでら)は長崎県 長崎市 鍛治屋町にある真言宗霊雲寺派の寺院である。山名は長崎山(ちょうきさん)。本尊は千手観音。

当寺は、京都・清水寺の僧・慶順により、元和9年(1623年)に創建された。現存する本堂は寛文8年(1668年)、中国人商人の何高材の寄進によって建立されたものである。

本堂は国指定重要文化財。寛文8年(1668年)の建立。入母屋造、本瓦葺きで、屋根の上部と下部に段差を付けて葺く錣葺き(しころぶき)とする。平面構成は方五間(桁行・梁間ともに柱間が五間)で、その中央の方三間を床上部とし、その周囲の幅一間分は吹き放しの土間とする。建物外周には石製礎盤の上に面取角柱を立てる。板張り部分は手前の梁間一間分を外陣、奥の梁間二間分を内陣とする。外陣部分は当初は吹き放しであったが、現状は仮設の建具を入れている。外陣の正面から側面にかけて切目縁を設ける。


長崎山 清水寺のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

長崎山 清水寺の口コミ

【参加者】私、義姉、夫の姪夫婦
【初穂料】5,000円
【感想】
長崎で安産祈願といえば清水寺は大変有名です。おくんちでも有名なこのお寺は町の真ん中にあります。戌の日には安産祈願をこのお寺で私、義姉、夫の姪という風変わりなメンバーでしてきました。夫の姪夫婦には若くして両親ともいないので義姉が親代わりです。うちの夫は仕事で参加できず。
私も他人ながら姪とはとても仲良くしてきたのでお参りに一緒にきました。
無事出産することができ、お礼参りのお宮参りです。普通お宮参りは夫の親側でというのが慣例ですが、上の理由でまた同じメンバー。
どこもそうでしょうが、このお寺も階段を上るので、赤ちゃんを抱いた姪は用心しながら歩いていました。冬に生まれたのでちょっと寒かったですが、天気はとてもよく、いいお宮参りができました。ベビードレスを着せた赤ちゃんと記念写真を撮り、近くの和食料理屋さんでお食事をして帰ってきました。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.