お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

長野県 大町市

にしなしんめいぐう 仁科神明宮

国宝に指定されている本殿、中門が見どころ

「お伊勢様」の名で親しまれる伊勢神宮の神「天照大神(あまてらすすめらのおおみかみ)」を御祭神に祀る。太陽神、皇祖神、日本の総氏神であり、国家安泰・子孫繁栄の御神徳を有する。

北安曇郡社村字宮本に鎮座する。安曇郡一帯は古来諏訪神社と穂高神社との力が交々深く及んでいた地方であるが、神明宮に関する限り、創祀以来御祭神は御一座のままである。神明宮の創祀は皇大神宮御領であった仁科御厨鎮護のため勧請されたことに基いている。

仁科神明宮2棟(本殿、中門)が、「世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝」として文化財保護法に基づく国宝に指定されている。他にも重要文化財に指定されているものが多数あり、自然豊かな境内は見どころ多数。


仁科神明宮のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.