お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

徳島県 鳴門市

おおあさひこじんじゃ 大麻比古神社

大麻比古神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

大麻比古神社の口コミ

【参加者】娘、自分、夫、義理の父母
【初穂料】10,000円
【感想】
私は秋の平日にお宮参りをしました。本当はもっと暑い時期に生後百日を迎えていたのですが、暑い中神社に行くのは赤ちゃんの負担になるのはもちろんの事、大人でも体に堪えるので、時期を遅らせてお参りしました。
私たちの他にお宮参りをする家族が一組、交通事故のお祓いをする男性の、計3組で祈祷を受けました。てっきり一組づつ行うものと思っていたので、拍子抜けでした。大きい神社ですから、時間を決めて、まとめてするようにしているのでしょう。
初穂料は1万円でした。付近の他の神社よりは高いようです。ですが、お食い初め用の一揃いの食器を頂くことが出来て、とてもいい記念になりました。
その後しばらくして、義両親と実両親を招いてお食い初めをしましたが、きちんとした食器を使うと雰囲気が出るのが良いと思いました。
【参加者】私、妻、子供、私の両親
【初穂料】10,000円
【感想】
大麻比古神社は、鳴門市の観光エリアとしてドイツ館なども近くにある有名なエリアです。
県道大麻北灘線で行くと大きな駐車場はありますが、大きな鳥居の方向とは違う方向になってしまいます。何となく、表参道ではなく、裏道から入った感じです。
神社の中は、歴史を感じさせる大きな木もあり、白い砂利の上を歩けば、おごそかな気分になります。
さすが、徳島では有数の神社であるため、そこそこの広さがあり、雄大な感じです。
でも、人気があるため正月の初もうででは車が大渋滞しますので、注意が必要です。
正面から左側に、御祈祷の受付があり、ここではお守りや干支の人形などが売られています。
また、おみくじも100円で売られており、私も家族で毎年購入してます。
お宮参りにおと連れる方も多くいますが、待合室も結構新しく、きれいで広いので、若いお母さんにもお勧めできると思います。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.