お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

滋賀県 大津市

おうみじんぐう 近江神宮

近江神宮のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

近江神宮の口コミ

【参加者】私、夫、長女、次女、夫の両親、私の両親
【初穂料】10,000円
【感想】
琵琶湖畔から山側へと向かう場所にある、由緒正しい神社へお参りしました。
近江神宮は、七五三の時期には晴れ着のお子さん連れでにぎわい、御祈祷も、行列して数組一緒にしていただくことが多いですが、お宮参りのほうは比較的ゆったりとしていて、うちの家族だけで御祈祷していただけました。
赤ちゃんに加え、上の子もまだ小さかったので、到着後すぐに順番がきて助かりました。
駐車場からは、かなり石段を登らなければなりません。夫の母が膝が悪く、上るのに時間がかかりましたので、時間には余裕を持って訪れた方が良いと思います。
お土産には、お守り等のほかに、小さな漆塗りの和食器のセットがいただけます。お食い初めにぴったりでありがたかったです。
【参加者】私、主人、息子
【初穂料】10,000円
【感想】
滋賀県では結構定番で、多くの人がお宮参りに使っている神社です。神社内に着物を貸してくれるレンタル屋もあり、さらに写真撮影までしてくれます。
まあ、ちょっとお値段が気になるところですが、一つの場所で一気にお宮参りが終わることが出来るので、楽かもしれません。
神社の片隅で順番を待ち、呼ばれたら数組で境内の中に入っていきます。それからお祈りをしてもらい、最後にお土産のような物をいただきます。お札やらお箸やら、神社に関係するお土産です。
お参りが終わった後は広い境内で走り回っていた息子。人がいっぱいいるので、すぐ迷子になっちゃいました。混んでいるので、待ち時間が長いのと、駐車場がなかなか空きが出なかったのが難点でしょうか。
【参加者】私、主人、娘、私と主人の両親
【初穂料】10,000円
【感想】
近江神宮は歴史があり、とても厳かな雰囲気のあるところです。
近江神宮でのお宮参りは、基本的には予約不要で、午前9時半から午後4時まで受け付けしてもらえます。しかし、当日に結婚式と重なる場合があります。その時は、本殿ではなく神座殿というところでのご祈祷となります。私たちは、前もって問い合わせをしてから日程を決めました。本殿でのご祈祷を希望していたという事もありますが、子供が泣き出してしまった時にうるさくないかと心配だったので、人が少ない日を選んでいきました。
近江神宮では、「初宮詣セット」というプランがあります。衣装や写真がセットになっていてとても助かりました。始めてのお宮参りなら、近江神宮がおすすめです。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.