お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

愛知県 一宮市

おわりさるたひこじんじゃ 尾張猿田彦神社

独自の神職資格を講習会受講者に授与する神社

主祭神に道ひらき・交通安全の神「猿田彦大神」を祀り、「天宇受賣大神」「末廣稲荷大神」「塩竈大神」「独尊大神」を合祀する。

元々は木曽川河川敷(通称:大巻山)に鎮座していた、千勝神社(祭神:猿田彦大神)と宇受売神社(祭神:天宇受売大神)である。猿田彦大神の神託により、地元の人々のために本殿が設置され、尾張猿田彦神社と称されたという。千勝神社と宇受売神社は尾張猿田彦神社の奥宮となっている。

近年まで宗教法人ではなかったが、2005年(平成17年)1月5日に宗教法人としての設立登記がなされた。神社本庁には所属しない単立神社で、独自の神職資格直階(神社本庁の直階とは無関係)を講習会受講者に授与している。


尾張猿田彦神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

尾張猿田彦神社の口コミ

【参加者】私、父、叔父、叔母
【初穂料】30,000円
【感想】
尾張猿田彦神社は一宮市の奥町にあります。猿田彦神は交通安全と方位除けの神様として知られていますが、もちろん開運や健康祈願、安産や合格祈願など様々な御祈祷をすることができます。
近所に住む叔父が自宅を改築する際、八方祓と開運無事の御祈祷に出かけました。御祈祷は予約なしで受付してくれます。
受付は朝の9時から夕方の4時までで、御祈祷に出かけた日は既に他の人の御祈祷中だったので、30分ほど待ち時間がありました。待合所が無いので、すぐ近くのカフェで時間を潰しましたが、その後はスムーズに案内され、御祈祷も20分ほどで終了しました。
神社周辺は住宅地で、周辺道路も大きくありません。県道から案内看板に従って神社方面へ進み、神社を通り過ぎたところに駐車場がありますが、名鉄電車の奥町駅から歩いて10分ほどと、公共交通機関でのアクセスも良いので、遠方からなら電車の方が行きやすいかもしれません。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.