お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

静岡県 浜松市浜北区

りゅうぐうやま がんすいじ 龍宮山 岩水寺

非常に珍しい女性(母)の姿の地蔵「厄除子安地蔵」が有名

神亀2年(西暦725年)人々の病魔退散、健康長寿を祈念した行基菩薩が薬師如来の尊像を刻み、開創。高野山真言宗別格本山の寺院。山号は龍宮山。総本尊の薬師如来より、厄除子安地蔵菩薩(国の重要文化財)の方が有名。厄除子安地蔵菩薩は母の化身であるが故、家をまもるは岩水寺、女人高野と呼ばれる。

総本尊の薬師如来は病魔退散・無病息災・健康長寿の信仰を集める。

また本尊の厄除子安地蔵は坂上田村麻呂の天竜川龍神伝説にゆかりがある。地蔵菩薩は普通男性だが、母であり、実際に子供を産んでいる女性が神仏になったという、非常に珍しい仏。裸形着装像であり、体が女性である。母であるが故に家を護る事、家内安全、商売繁盛、交通安全、厄除けといった家族の幸せ。女性であるが故に、縁結び、子授け、安産祈願、お宮参りといった家の繁栄に功徳が高いといわれる。


龍宮山 岩水寺のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

龍宮山 岩水寺の口コミ

【参加者】私、主人、息子、私の母
【初穂料】5,000円
【感想】
お宮参りに向かう際に写真館でお宮参り用の羽織を借りていきました。しかし、この羽織をどうやって子どもにかけてよいかよく分からず困りました。
同じくお宮参りで来ていた他のご家族も同じ状況だったようで、お互いに四苦八苦しておりました。事前に写真館できちんと確認すべきでした。結局近くにいた年配の方が親切に教えて下さいました。
こちらのお寺は地元では有名ですが、田舎なのでそれほど混雑することはありません。何組かをまとめて1度にお祓いしていただきます。
靴を脱いで、正座している状態でのお祓いですので足がしびれてしまいました。もし赤ちゃんが泣いてしまってもすぐに廊下や待合室に行けるようになっているので大丈夫です。息子や他の赤ちゃんたちはずっと寝ていて静かでしたが。
我が家の場合は生後1ヶ月を迎えてすぐのお宮参りでした。この時期の赤ちゃんは基本的には満腹になっていればとりあえず寝ているという子が多いと思うので、案外楽でした。
もう少し大きくなってからのお宮参りとなると、赤ちゃんも起きている時間が長くなるので、逆に大変になるのかなとも思いました。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.