お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

島根県 松江市

さだじんじゃ 佐太神社

ユネスコ無形文化遺産「佐陀神能」が見どころ

正殿、北殿、南殿に、秘説四柱を含めて12柱が祀られている。正殿には佐太御子大神、伊弉諾尊、伊弉冉尊、速玉男命、事解男命の五柱が祀られる。

現在の神社側の公式見解では、正殿の主祭神である佐太御子大神とは猿田彦神のことであるとしている。

秋鹿郡佐田大社之記に垂仁54年の創建で、養老元年(717年)に再建されたとある。『出雲国風土記』の記述からもとは神名火山(現:朝日山)のふもとに鎮座していたと考えられる。

当社の「佐陀神能」はユネスコ無形文化遺産に登録されている。また、祭礼は古来75度あったと言われるが、近世にはすでに行われなくなったものもかなりあると見られている。


佐太神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.