お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

福岡県 糸島市

さんのみやじんじゃ 産宮神社

祭神・奈留多姫が苦も無く皇子を生んだことから安産の神とされる

奈留多姫命 (ナルタヒメノミコト)、ウガヤフキアヘズ尊、玉依姫命を御祭神に祀る。

社伝によれば、「奈留多姫は懐妊に当たり、大いに胎教を重んじ、玉依姫命、豊玉姫命両神の前にて、「月満ちて生まれん子は端正なれば永く以て万世産婦の守護神ならん」と誓いて、出産に臨んで苦もなく皇子、神渟名河耳命(第二代、綏靖天皇)を安産し、以後、「産宮」と称えて安産守護の神と祭る、とある。

神功皇后が朝鮮出兵の時、出産が遅れることをこの神に祈り、そのしるしがあって、帰国後、無事に皇子(応神天皇)を出産した。そのお礼に百手の的射を奉納したと伝えられている。

天平年間(729年 - 749年)、聖武天皇が僧行基に命じて、この社に庶民のお産が安産であることを祈願した。その後、正安3年(1302年)後伏見天皇も同じ祈願をしたという伝承がある。


産宮神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

産宮神社の口コミ

【参加者】私、主人、息子、私の両親、主人の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
小さな神社ですが、緑があり雰囲気が良いです。安産祈願でも有名なので、戌の日にも利用しました。お宮参りでは一通り祈祷が終わると、赤ちゃんを一人ずつ前に置いてあるベッド?のような台に乗せて、家族ごとにお祈りしてもらえました。(この時足が痺れてると動けないので注意です!)
神主様の叩く太鼓のリズムが心地良く、思わず聞き入ってしまいます。大安の日に利用しましたが、全部で4家族ほどだったと思います。駐車場が少ないので、大勢で行かれる場合は停めれない時があるかもしれません。トイレも和式が一つしかありません。
神社のすぐ近くに西松屋があるので、お宮参りの前に授乳やおむつ替えを事前に済ませておくと安心だと思います。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.