お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

三重県 伊勢市

さるたひこじんじゃ 猿田彦神社

伊勢神宮内宮付近に鎮座する神社

伊勢神宮内宮の近くにある神社。猿田彦大神と、その子孫の大田命を祭神とする。

日本神話によれば、猿田彦神はニニギの天降りの先導を終えた後、伊勢の五十鈴川の川上に鎮まった。倭姫命世記によれば、その子孫の大田命は天照大神を祀る地として倭姫命に五十鈴川川上の地を献上した。大田命の子孫は宇治土公(うじのつちぎみ)と称し、神宮に玉串大内人として代々奉職したが、その宇治土公が邸宅内の屋敷神として祖神の猿田彦を祀っていた。明治時代に入り、神官の世襲が廃止されることになって、屋敷神を改めて神社としたのが猿田彦神社である。

猿田彦神がニニギの先導をしたということから、交通安全・方位除けの神社として信仰されている。


猿田彦神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

猿田彦神社の口コミ

【参加者】私、妻、妻の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
猿田彦神社は伊勢神宮の存在の陰に隠れがちですが、由緒のある伊勢神宮関連の神社としては地元ではよく知られています。
地域密着型の神社で、お宮参りや七五三などは、どちらかと言えば伊勢神宮より猿田彦神社にお願いする地元住民が多いです。
特に伊勢神宮は土日や休日など、県外からの参拝客で混雑する日が多く、猿田彦神社の方がスムーズにご祈祷を終えられるのも大きな魅力です。
娘のお宮参り当日は駐車場待ちもなく、もちろん、ご祈祷待ちもありませんでした。
他の数組の家族と一緒にご祈祷を受ける形式のため、待ち合い所で全ての家族が揃うまで30分ほど待ちましたが、待ち合い所にはソファー、テーブルがあり、お茶も用意されており、雑談をしている間に時間がたったので気になりませんでした。
ご祈祷自体も一人一人の住所氏名を読み上げ、アットホームな感じでとてもよかったです。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.