お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

福岡県 直方市

たがじんじゃ 多賀神社

文化財の神幸行事と黄玉樹が見どころ

伊邪那岐大神、伊邪那美大神を御祭神に祀る。創建年代等については不詳であるが、平安時代にはあったという。元禄5年(1692年)に妙見神社から社名を改めた。

多賀神社の神幸行事と黄玉樹は、福岡県指定文化財に登録されている。

御祈祷は9時半から16時の間で受け付けられており、事前に電話予約が必要。所要時間は30分程度で、混雑状況にもよるが基本的には全組一緒に昇殿する形式。初穂料は5000円からお気持ちで受け付けている。初宮詣りの御祈祷記念品として、御神札、御守が授与される。


多賀神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.