お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

福岡県 北九州市八幡東区

たかみじんじゃ 高見神社

神功皇后三韓征伐の戦勝祈願の為に創祀された

本社に天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神、可美葦芽彦遅神、天之常立神、国之常立神、豊雲野神、天照大御神、天忍穂耳神、皇孫瓊瓊杵命、穂穂手見命、穂穂手見命、鵜草葺不合命の十二神を祀り、相殿に仁徳天皇、石之比売命、多紀理毘売命、市寸島比売命、多岐都比売命、大己貴命、豊受姫命を祀る。

神功皇后の三韓征伐の際に戦勝祈願の為、洞海湾の小山に皇祖神を祀ったのが創始とされる。1896年(明治29年)に官営八幡製鐵所が建設されると、境内地が製鉄所の用地となった為、尾倉八幡神社へ遷座される。やがて日本製鐵の創立を機に製鉄の守護神として現在地に鎮座した。 社殿は完成までに10年もの歳月を要し、総檜木流造の壮大なものである。1954年(昭和29年)、昭和天皇の九州巡幸の際に、福岡県下の旧官幣大社とともに、とくに幣帛を賜る栄誉を得た。
神社および周辺は桜の名所となっている。


高見神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

高見神社の口コミ

【参加者】私、主人、主人の両親、私の母、本人の兄、姉
【初穂料】5,000円
【感想】
我が家はお姉ちゃん(第二子)の七五三と近いため、同時に行うことにしました。同時にしてみた結果メリットしかなく2人目、3人目の方にはおすすめです。
写真撮影も同日にできるし撮影料も一回分、お祝いは2人分なのにお参り後の食事会も一度で済み全員の衣装の準備も一度で済み家計にやさしいです。
初穂料は2人分ですが・・・。ここの神社は第一子の長男のお宮参りから利用してます。人が少ないので待ちがないが最大のメリットです。初穂料も金額を指定されます。
封筒も必要ありません。よくある、お気持ちで・・・は通用しませんが、いくらにするか悩む方はいいかもしれません。周りは、高級住宅街で治安も良いです。駐車場も広くていいです。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.