お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

兵庫県 神戸市須磨区

つなしきてんまんぐう 綱敷天満宮

神社付近は「須磨智慧の道」

「菅原道真公(すがわらみちざねこう)」を御祭神に祀る。学業成就の御神徳を有するとして受験生を中心に親しまれている。

979年(天元2年)この付近の住民が菅原道真の分霊を祀ったことに始まるという。他の綱敷天満宮と同様、菅原道真が大宰府への左遷の途上で立ち寄り、その際に里人が綱で円座を作ったという伝承を持つ。

綱敷天満宮から須磨寺前商店街を通り、須磨寺までを結ぶ道は「須磨智慧の道」と呼ばれている。毎年8月9日には「智慧の盆歌」に合わせて踊る「智慧の盆踊り」が行われている。また、須磨寺前商店街の北側にある大師広場の横に石造りの輪があり、智慧の輪「弘天さん」と呼ばれている。


綱敷天満宮のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

綱敷天満宮の口コミ

【参加者】私、妻、娘、息子、娘の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
先ずお宮参りをするにあたって、最初に気になるのが初穂料はいったい幾らなのか?ということです。
娘の宮参りのときには自身の地元で宮参りをしましたが、この時には初穂料をいくらすればよいのか、直接宮司に聞きました。非常に勇気が必要でした。
息子は2人目ということもあり、妻の地元、綱敷天満宮にて行う事に。ありがたいことに当神社は宮参り受付の場所に金額が記載されていました。
偶然なのか当日は我が家のみが宮参りを行なっており、混雑もなく執り行って頂く事が出来ました。最初のときより短く感じたので、恐らく10分程度だったと思います。
拝殿も非常に清潔で、宮司の方、受付の方も非常に優しい方々でしたので、気持ちよく終えることが出来ました。
また、自身は妻の実家がすぐそばなので、利用しておりませんが、駐車場も完備されており、国道すぐそばですので、アクセスは非常にしやすいです。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.