お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

愛知県 津島市

つしまじんじゃ 津島神社

600年以上の歴史を持つ「天王祭」が見どころ

建速須佐之男命を主祭神とし、大穴牟遅命(大国主)を相殿に祀る。当社は東海地方を中心に全国に約3千社ある津島神社・天王社の総本社であり、その信仰を津島信仰という。

中世・近世を通じて「津島牛頭天王社」(津島天王社)と称し、牛頭天王を祭神としていた。東海道名所図会に、津島牛頭天王と記載される。

社伝によれば、建速須佐之男命が朝鮮半島から日本に渡ったときに荒魂は出雲国に鎮まったが、和魂は孝霊天皇45年(紀元前245年)に一旦対馬(旧称 津島)に鎮まった後、欽明天皇元年(540年)旧暦6月1日、現在地近くに移り鎮まったと伝える。

600年以上の歴史を持つ「天王祭」の車楽舟行事は国の重要無形民俗文化財に指定されている。


津島神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

津島神社の口コミ

【参加者】私 妻 息子 私の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
私の実家の近くの神社でお宮参りをしました。初めての体験でわからないことが多く色々とバタバタしましたが、無事終えることができました。
男の子だったので生後31日目丁度にお宮参りをしたかったのですが仕事の都合上それができなくて女の子と同じの32日目になってしまいました。
私の両親がそういうことに対してものすごく真面目なので、少し喧嘩になりました。息子には白羽二重にのし目模様のついた服を着せるつもりだったのですが、気温がかなり高かったので着せるのは不安に思い、結局薄目のベビードレスにしました。
いろいろと正しい形式から外れている部分があったのでこんなので大丈夫なのかとも思いましたが、私の母が形式よりも息子のためのお宮参りだから息子のことを最優先で考えればいいと言ってくれたので、気が楽になり安心してお宮参りをすることができました。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.