お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

宮崎県 日南市

うどじんぐう 鵜戸神宮

縁結び・夫婦和合・子授け・安産などの信仰を集める神社

日向灘に面した断崖の中腹、東西38m、南北29m、高さ8.5mの岩窟(海食洞)内に本殿が鎮座し、参拝するには崖にそって作られた石段を降りる必要があり、神社としては珍しい「下り宮」のかたちとなっている。 日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)を主祭神とし、相殿に大日孁貴(おおひるめのむち)以下の皇祖神と神武天皇を祀る。主祭神降誕の地とされ、縁結び・夫婦和合・子授け・安産などの信仰を集めている。また境内には主祭神の陵墓とされる古墳もある。 社名の「ウド」は、空(うつ)、洞(うろ)に通じる呼称で、内部が空洞になった場所を意味し、祭神名の「鸕鷀(う)」が鵜を意味するのに因んで、「鵜戸」の字を充てている。


鵜戸神宮のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

鵜戸神宮の口コミ

【参加者】私、妻、長男、長女、父、母
【初穂料】5,000円
【感想】
私には子供が3人いまし。安産祈願と、お宮参りは毎回宮崎県の日南にある、鵜戸神宮を参拝しております。おちち飴で有名な神社です。
初穂料は、5000円と、10000円があり、10000円の方にはおちち飴などが入ったスタンダードなものに加え、お食い始めの時に使う器セットをもらえます。
私が行った時に、NHKの番組の取材をうけました。メディアなどでも度々取り上げられる有名な神社です。子供達3人とも母子共に健康で、しかも、あんぜんに出産することができました。
参拝のかえりには新鮮な海の幸をたんのうして帰ります。これもたのしみのひとつです。こんごまた子供を授かることがあれば、必ず鵜戸神宮にさんぱいしようと思います。皆さんに是非オススメいたします。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.