お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

大分県 宇佐市

うさじんぐう 宇佐神宮

宇佐神宮のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

宇佐神宮の口コミ

【参加者】私・旦那・私の両親・旦那の両親・息子
【初穂料】5,000円
【感想】
旦那の実家が宇佐なので宇佐神宮に行きました、9月頃だったのでまだまだ暑さが残ってました。
宇佐神宮は駐車場から境内までの距離がかなり長く、旦那のおかあさんに抱っこしてもらってたんですが、暑いし距離が長いし、でかなりきつそうでした。
息子は暑い日差しの中お祝いロンパースと帽子・さらに着物に包まれてかなり暑そうでしたが、途中からスヤスヤと眠ってました、境内についてお宮参りのお祓いをしてもらいました、
巫女さんが舞を披露してくださったりとかなり豪華な感じしましたよ、太鼓もドンドンとかなり鳴ってましたが、息子はそこでも爆睡でした。
境内までの距離はかなりありますが、歴史的な神社ですし、宇佐神宮でお宮参りしてよかったなーと思いました。
【参加者】地元の青年会の仲間たちと
【初穂料】1,000円
【感想】
おととしの9月ぐらいだったと思いますが、地元の青年会の仲間たちと一緒に一泊二日の旅行でお参りにいきました。
神宮の駐車場は結構一杯で、以外と遠くの場所に車を止めたので神宮の大鳥居まではだいぶ歩いた記憶があります。大鳥居を過ぎると神社庁があり、そこを過ぎた所に手水舎がありましたので、そこで手や口を洗い清めました。
更に登って行くと何となくお城のような感じの階段があり、やっと下宮に到着しました。そこをもう少し頑張って歩いて行くと今度はお目当ての上宮に到着です。
上宮には住吉、北辰、春日神社があり、登って来る時も様々な神社があって、色々な神様がいらっしゃるんだなあ、と思える様な感じのする場所です。
上宮では神殿の中に入らせてもらい、皆でお祓いをしていただきました。お祓いは太鼓を使い、清めるという私にとっては初めての経験で、何か魂の心底まで清められた様な気がいたしました。
やはり、たまにはこういう大きな神宮のお祓いを受けるのもいいのかなと思いました。また私たちが行った時はまだ建設途中だったと記憶していますが、現在ではモノレールも開通しているらしく、もう一度行ってみたいと思っています。
【参加者】地元の青年会の仲間たちと
【初穂料】1,000円
【感想】
おととしの9月ぐらいだったと思いますが、地元の青年会の仲間たちと一緒に一泊二日の旅行でお参りにいきました。
神宮の駐車場は結構一杯で、以外と遠くの場所に車を止めたので神宮の大鳥居まではだいぶ歩いた記憶があります。
大鳥居を過ぎると神社庁があり、そこを過ぎた所に手水舎がありましたので、そこで手や口を洗い清めました。
更に登って行くと何となくお城のような感じの階段があり、やっと下宮に到着しました。そこをもう少し頑張って歩いて行くと今度はお目当ての上宮に到着です。
上宮には住吉、北辰、春日神社があり、登って来る時も様々な神社があって、色々な神様がいらっしゃるんだなあ、と思える様な感じのする場所です。
上宮では神殿の中に入らせてもらい、皆でお祓いをしていただきました。お祓いは太鼓を使い、清めるという私にとっては初めての経験で、何か魂の心底まで清められた様な気がいたしました。
やはり、たまにはこういう大きな神宮のお祓いを受けるのもいいのかなと思いました。
また私たちが行った時はまだ建設途中だったと記憶していますが、現在ではモノレールも開通しているらしく、もう一度行ってみたいと思っています。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.