お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

佐賀県 松浦市

よどひめじんじゃ 淀姫神社

五穀豊穣と縁結び・安産の神「與止日女命」を祀る神社

「與止日女命 (よどひめのみこと)」を御祭神に祀る。与止日女命はまたの名を豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)といい、海神・大綿津見神(オオワタツミノカミ)の娘にあたる。五穀豊穣の神であり、縁結び・安産の神様としても信仰されている。

その他に武運長久・必勝成就の神「建御名方神 (たけみなかたのかみ)」、学問の神「菅原道真(すがわらのみちざね)公」も祀っている。

第29代欽明天皇の御代24年(563年)に御鎮座されたと伝えられている古社で、古くは「末羅県鎮守の霊場」とうたわれた。かつては「河上大明神」と称されており、松浦川の鎮守の神であった。現在も鳥居の扁額は「河上社」と掲げられている。


淀姫神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

淀姫神社の口コミ

【参加者】私、嫁、娘
【初穂料】3,000円
【感想】
広島県の福山市鞆町にある淀姫神社に毎年参拝しています。
鞆町は、今では全国に知れ渡っているほど有名な観光名所になりました。昔の町並みが今でも残っている漁師街で、とても風情漂う雰囲気が私も娘も大好きでこの地の淀姫神社に通っています。
この神社は、鞆の街並みと瀬戸内海を眺めることができる高台にあり、とくに春になると山には桜が見えるという最高の場所にあるのです。参拝されている方も多く、鞆町に観光に訪れた方は淀姫神社に寄って帰るのがルートになっているようです。
私たちの家族は、朝早めに行き淀姫神社への途中で朝一をやっていますのでそこで新鮮な魚を購入して、淀姫神社でお参りするというルートでいつも鞆町の観光を楽しんでいます。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.