お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

宮崎県 宮崎市

あおしまじんじゃ 青島神社

縁結び、安産、航海安全の神として信仰を集め

宮崎県宮崎市青島のほぼ中央に鎮座する神社で、周囲1.5kmの青島全島を境内地とする。青島は全島が熱帯・亜熱帯植物の群生地として、国の特別天然記念物に指定されている。 天津日高彦火火出見命(あまつひだかひこほほでみのみこと。彦火火出見命とも)とその妃神 豊玉姫命(とよたまひめのみこと)、そして塩筒大神(しおづつのおおかみ)を祀る。いずれも山幸海幸神話に因む神で、縁結び、安産、航海安全の神として信仰を集めている。 元来は海洋に対する信仰によって創祀されたと考えられ、古くから青島自体が霊域として崇められており、江戸時代までは全島が禁足地とされていた。社伝によれば、山幸海幸神話で、彦火火出見命が海神宮(わたつみのみや)から帰還した際に青島に上陸して宮を営んだため、その宮跡に命と上記2柱の神を祀ったのに始まると伝えられる。


青島神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

青島神社の口コミ

【参加者】私、夫、息子、夫の両親、私の父
【初穂料】10,000円
【感想】
息子が生まれてひと月。家族そろって青島神社へお宮参りへ向かいました。
この神社は一風変わった所で、陸繋島のような小島に構えています。南国の植物が生い茂り、潮の香りが漂う雰囲気は、青島神社特有のものでしょう。
私も夫も神社が好きで、結婚式も神前にしたので思い出も兼ねて青島神社へお宮参りしようと思ったのですが、当日は8月の炎天下で汗がダクダクになったことを覚えています。(幸い熱中症対策はしていたのですが、真夏に行かれる方は少し時期をずらした方がいいかもしれませんね)
しかし夏の海ということも相俟って、お宮参りの時の美しい光景は今も目に焼き付いています。青い空と海、そして深緑の木々。当然息子は覚えていませんが、写真を見ては家族で当時の様子を振り返っています。
今は九州を出ていますが、息子が高校に入る前にもう一度青島神社へ参拝へ行こうかな、と考えているところです。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.