お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

大阪府 東大阪市

ひらおかじんじゃ 枚岡神社

春日大社ゆかりの「元春日」

春日大社への勧請元のため、「元春日」の別称がある。

御祭神は四柱で、本殿4棟(第一・第二・第三・第四殿)に各1柱が祀られている。第一殿には中臣氏祖神「天児屋根命(あめのこやねのみこと)」、第二殿には天児屋根命の后神とされる「比売御神(ひめみかみ)」、第三殿には香取神宮(千葉県香取市)祭神である「経津主命(ふつぬしのみこと)」、第四殿には 鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)祭神である「武甕槌命(たけみかづちのみこと)」を祀っている。

史実としての創建時期はあきらかでないが、社伝によれば、初代神武天皇即位前3年、神武天皇の侍臣で中臣氏の祖の天種子命(あめのたねこのみこと)が、天皇の命で神津岳の頂に祖神の天児屋根神を祀ったのが創建とされる。


枚岡神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

枚岡神社の口コミ

【参加者】私、夫、娘、夫の両親、私の両親、夫の妹夫婦、甥
【初穂料】10,000円
【感想】
生駒山の山麓にある、緑ゆたかな由緒ある神社で、夫の実家から近いため、こちらでお世話になりました。
駐車場も広く、大人数での参拝でも困ることはないでしょう。駐車場から神社までは広くゆるやかな坂道となっていますので、赤ちゃん連れでも歩きやすかったです。
歴史を感じさせる木の本殿で御祈祷していただきました。途中、神様をお呼びするのに大きな銅鑼を鳴らされます。
眠っていた赤ちゃんが驚いて泣き出しましたが、神社の方もいつものことなので気になさらないですから、心配いらないでしょう。
参拝後、境内で記念写真を撮りました。広大な敷地というわけではないですが、人でごったがえしていないので、緑をバックに撮影スポットはたくさんあると思います。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.