お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

島根県 出雲市

いずもたいしゃ 出雲大社

出雲大社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

出雲大社の口コミ

【参加者】私 息子
【初穂料】8,000円
【感想】
私の息子は小学3年生で、最近夜が眠れなくなり学校を休みがちになっています。医者に診てもらったのですが、ストレスから来る不眠なので、家庭でもっとゆっくり休んで生活するようにと言われました。しかしなかなか症状は改善せず、私は由緒正しい出雲大社まで岡山から出かけ祈祷をしてもらうことにしました。
出雲大社は本当に素晴らしい神社で、本殿まで進んでいく道は本当に厳かな感じで神が住む神社と言われても、本当にその通りだと思います。初穂料は少し高めの8000円にして御利益をいただこうと頑張りました。
出雲大社で祈祷をしてもらい、それから2ヶ月ぐらいで私の息子は徐々に普通の生活に戻ってきました。やはり天下の出雲大社の力はあったのだと今つくづく感じています。
【初穂料】1,000円
【感想】
40歳を過ぎても独身の私は、これまで幾度となくお見合いや知人、友人の紹介を受けてきましたが、ことごとく振られ続け、すっかり自信を無くしてしまっている状態でした。
そんな時、従姉妹が出雲大社にお参りした後に結婚できたことを聞き、もしかすると結構ご利益があるのではないかと思い、自分も行ってみることにしました。それも一人でです。
最初は車で行く予定でしたが、九州からはちょっと遠いかなと思い新幹線と在来線を乗り継いでいく事にしました。でもちょっと旅行気分な感じがとても良かったです。
当日は出雲市のビジネスホテルに泊まりましたが、何ともワクワクする旅でした。参拝当日、一番驚いたのは出雲大社の鳥居の大きさでした。今まで色々な神社に行った事はありましたが、あれ程大きくて荘厳な作りの鳥居を見たのは初めてでした。
そして普通にお参りを済ませ、縁結びのお守りを買い、男一人でなんか恥ずかしいと思っていましたけど、今の時代、ご縁を欲しがっている人は沢山いるのだなあと実感しました。何故かというと私と同じくらいの年齢の男性、或いは女性の人達がかなりの数お参りに来ていたからです。
それから一番行きたかった八重垣神社の鏡の池へは時間がなく結局いけませんでしたが、年に1回は御参りするのもいいかなと思える日本最高峰の神社です。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.