お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

福岡県 福岡市東区

かしいぐう 香椎宮

仲哀天皇・神功皇后を祀る神社

「香椎神宮」と誤記される場合もあるが、正しくは「香椎宮」である。仲哀天皇・神功皇后を主祭神に祀り、応神天皇・住吉大神を配祀する。祭事としては、10年に一度勅祭が斎行されるほか、現在も仲哀天皇・神功皇后の命日に神事が行われている。

福岡市北部、立花山南西麓に鎮座する。古代には神社ではなく霊廟に位置づけられ、仲哀天皇・神功皇后の神霊を祀り「香椎廟(かしいびょう)」や「樫日廟」などと称された。「廟」の名を持つ施設として最古の例であったが[1]、平安時代中頃からは神社化し、類例のない特殊な変遷を辿った。上記のように天皇・皇后の神霊を祀るという性格から、戦前の近代社格制度においては最高位の官幣大社に位置づけられ、現在も勅祭社として10年に一度天皇からの勅使の参向を受ける神社である。


香椎宮のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

香椎宮の口コミ

【参加者】私、主人、息子、私の両親、主人の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
下の娘のお宮参りで香椎宮へ行きました。駐車場も広くて利用しやすかったです。前日に問い合わせしたところ、普段は予約なしで行ってから受付順にということでしたが、その日はちょうど結婚式と同じ日ということで、時間が決まっていました。香椎宮は結婚式も行っているので、確認の電話はしたほうがいいかもしれませんね。
娘は主人の義母に抱っこしてもらい、受付を済ませてから、ストーブがある待合室で順番を待ちました。待ち時間はあまりなかったです。お宮参りは私達だけでした。大人6人、子供2人で座り、祝詞をあげていただきました。息子も静かに座っていることが出来て安心しました。
結婚式を行っている時にお宮参りができてなんだか嬉しかったです。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.