お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

兵庫県 三木市

おおみやはちまんぐう 大宮八幡宮

例大祭は「播州三大祭」のひとつ

主祭神に応神天皇、配神に国水分神、天照大神、素盞嗚尊、天児屋根命、熊野久須昆命、賀茂別雷神、中筒之男命、津御名方命を祀る。

創建年代については不詳であるが、赤松氏の一族別所氏の崇拝を受けた。戦国時代に焼失したが、江戸時代には江戸幕府から朱印状を受けていた。旧社格は郷社。

毎年10月、体育の日の前の土曜日・日曜日に行われるこの神社の例大祭は、播州三大祭のひとつ。各地区の屋台8基が繰り出し、85段の急な石段を登って宮入りする。1トンを超える屋台が石段を登っていく様子は壮観である。なお、大村地区を除く7基の屋台は命綱をつけて宮入、宮出を行うが、大村地区だけは命綱をつけない。また、祭り屋台は、大工・刺繍・木彫・錺金具の伝統的な職人の技が一体となった非常に華麗なものである。


大宮八幡宮のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.