お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

長崎県 佐世保市

しらたけじんじゃ 白岳神社

歴代平戸藩主に信仰された神社

「伊弉諾尊(イザナギノミコト)」「伊弉美尊(イザナミノミコト)」「素盞嗚尊(スサノオノミコト)」を御祭神に祀る。

天正六年(西暦1578年)頃、当時日宇・佐世保の監視役であった後藤惟明(平戸領主松浦隆信の次男)が創建したと伝えられている。歴代の平戸藩主に信仰されてきた。

毎年9月に例祭が行われ、前夜祭では国の重要無形民俗文化財である平戸神楽が奉納される。

御祈祷は9時から午前中の間で受け付けられており、事前に電話予約が必要。所要時間は30分程度で、全組一緒に昇殿する形式。初穂料は5000円からお気持ちで受け付けている。初宮詣りの御祈祷記念品として、御神札、御守が授与される。


白岳神社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

白岳神社の口コミ

【参加者】私 主人 娘
【初穂料】5,000円

【感想】
娘のお宮参りで行きました。白岳神社は地元では有名なので、娘が生まれたときからお参りしようと思っていました。
新米夫婦で始めての体験だったのでどうしてよいかわからず少し不安でしたが、社務所の方が笑顔でいろいろ説明してくださったので安心しました。
説明の途中で娘がときどき泣いたりしましたが、そのたび娘にやさしい笑顔を向けてくださったのが印象的でした。
祈祷が始まったときにも泣き声をあげることもありましたが、途中からはすやすや眠って最後まで泣きませんでした。
赤ちゃんながら祈祷の雰囲気に厳かなものを感じていたのかもしれません。おかげでその後、健やかに成長してくれています。
今でも時折、白岳神社にお参りしてよかったねと主人と話しています。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.