お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

大阪府 大阪市住吉区

すみよしたいしゃ 住吉大社

全国にある住吉神社の総本社

全国にある住吉神社の総本社である。本殿4棟は国宝に指定されている。

「住吉大神(すみよしのおおかみ)」と総称される「底筒男命(そこつつのおのみこと)」「中筒男命(なかつつのおのみこと)」「表筒男命(うわつつのおのみこと)」と「息長足姫命(おきながたらしひめのみこと、神功皇后)」を祀る。

大阪市南部、上町台地基部西端において大阪湾の方角に西面して鎮座する。海の神である筒男三神と神功皇后を祭神とし、古くはヤマト王権の時代から外交上の要港の住吉津・難波津と関係して、航海の神・港の神として祀られた神社である。古代には遣唐使船にも祀られる国家的な航海守護の神や禊祓の神として、平安時代からは和歌の神として朝廷・貴族からの信仰を集めたほか、江戸時代には広く庶民からも崇敬された。摂津国の一宮として大阪で代表的な神社であるのみならず、旧官幣大社として全国でも代表的な神社の1つである。


住吉大社のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

住吉大社の口コミ

【参加者】弟、姉夫婦、妻の両親
【初穂料】10,000円
【感想】
私は、甥っ子のお宮参りで住吉大社に行きました。おさがりとして、お守りやお食い初めの茶碗などが頂けます。祈祷料は10000円でした。
土日の大安の日は、大混雑で、何グループかずつ同時に御祈祷が行われました。オススメはやはり平日です。大安なら平日でもゆったりと祈祷してもらえます。
祈祷後は写真撮影に行きました。住吉大社でも、スタジオで写真撮影はしてもらえますが、1ポーズ17000円、2ポーズで33000円、3ポーズで48000円とかなり高めな設定だと思います。こちらもやはり、町の写真屋さんの方が、お得ではないかと思います。
その後、予約した和食レストランで食事をとり、親族水入らずで懇親の後お開きとなりました。やはり小さな子どもがいる状況なので、綿密に予定を立ててスムーズに行うことが大切だと思いました。
【参加者】私 主人 息子 私の母
【初穂料】5,000円
【感想】
住吉大社は大きな神社ですので予約が必要かと思いましたが、予約は必要ないという事で、直接行きました。大安の日曜日でお天気も良かったので、すごい人でした。
少し待ちましたが、待合室も広くてきれいなので快適でした。暑い日でしたが、空調も良くきいてました。住吉大社では、お宮参りも七五三も一緒にするため、一度に50家族くらいが呼ばれたと思います。なので、泣いちゃう子もいて落ち着いた感じでは無かったですが、由緒ある立派な神社で、人気があるのは分かるので、仕方ないかなと思います。
人数は多いですが、式では一人一人の名前を読み上げてくれました。お守りやお食い初めの食器セットも頂けて良かったです。神社全体の雰囲気が素晴らしいので、ここを選んで正解だったと思います。
【参加者】私、主人、娘と息子、私の両親
【初穂料】10,000円
【感想】
全国でも有名な大きな神社で、初詣はもちろん2人の子供(娘、息子)のお宮参り、七五三もお世話になっています。
いい意味でシステマチックで、それほど神社に詳しくない私たち親子も、社務所で申し込んで案内どおりに進めばスムーズに済みます。心配は駐車場の確保くらいですね。
さすがにジーンズでお宮参りはダメだと思いますが、特別堅苦しい服装でなくても大丈夫です。男性がスーツ、女性は、和装の方もいますが、スーツ、ワンピース(大体入園入学スタイルくらいのイメージ)の方が多いです。
記念でいただけるものがファミリア製品です。2人の子供ともフタ付きお茶碗、お皿、コップ、お箸とスプーンのセットでした。
これがとても使いやすく助かりました。可愛いし、2人の子供の時で2年開きましたがその年ごとにデザインも変わっているようです。
【参加者】私、夫、娘
【初穂料】5,000円
【感想】
家の近くに住吉大社があるのでお宮参りに行きました。
初めて着物を着せるのでとても大変な思いをしたのを覚えています。
それに、その日はあいにくの雨で、濡れて大変でした。
たくさんの人達が御祈祷して貰っていたので、座る所も狭くて、それに寒かったのを覚えています。
娘はちょうどお昼寝の時間だったので、ぐずる事もありませんでした。
まだ親になったばかりの私達は慣れない事ばかりでとても大変な思いをしました。
ただ、住吉大社はとても大きく由緒正しい神社なので、ここでお宮参りが出来たのはとても良かったと思っています。
次にまた子供が生まれたらぜひこの神社でまたお宮参りをしたいと思っています。
大阪に住んでいる方にはとってもオススメです!
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.