お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

大分県 大分市

たかじょうやまこやすかんのん 高城山子安観音

安産祈願、所願成就の御利益を有する

比叡山延暦寺の末寺で、本尊は「如意輪観音(にょいりんかんのん)」。右膝を立て、右手で頬杖をついて座っている姿をしているのが特徴。通常、如意輪観音像は6本の手を持っているが、当山の本尊の手は2本。

九州西国三十三箇所のうち霊場第9番札所,豊後西国三十三箇所のうち豊後西国第1番札所とされている。

如意輪観音像は意の如く願いをかなえてくれるといわれており、戦時中、当時の住職が防空壕に避難した際、腕にこの本尊をかかえていたという話も残っている。現在も安産祈願、所願成就を祈願している。


高城山子安観音のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.