体験談

多賀大社でのホッとしたお宮参り体験談!余裕のあるスケジュールで赤ちゃんがご機嫌

投稿日:

多賀大社のお宮参り概要

 

多賀大社のお宮参り体験談

私の子供は入院していたため、お宮参りの時期は通常より遅く、産まれて半年後にお宮参りをしました。まず、お宮参りの日を選び、神社に予約を入れたのですが、母から「良い日を選んでね」と言われていたので、皆が休みの土曜日で、なおかつ大安の日を選びました。神社に電話をするのは初めてだったので、少し緊張して予約の電話を入れました。

神社の方は、やはりこういう行事ごとの電話がたくさんかかってくるようで、とても慣れた感じで対応してくれましたが、特に予約は必要なく、行ったときに受付をするとのことでした。赤ちゃんはどんな格好が良いのかわからず、母に相談したら、父が赤ちゃんだった時にお宮参りで使った着物が大事にしまってあるとのことだったので、そんな昔の着物なんて大丈夫かな…と少し不安に思い、とりあえず見せてもらうことにしました。

すると、もう50年以上前に使っていたものなのにとても綺麗な着物で、祖母は本当に大事にしまっておいたんだなと、なんだか感激してしまいました。当日は、みんなで昼食をとってから記念写真を撮って、神社でお宮参りという流れで予定していたので、スタジオアリスに写真の予約をとり、近くの少し良いお店に昼食の予約を取りました。

赤ちゃんがいるし、なにより長時間のお出かけはまだあまりしたことがなかったので、いつもより余裕を持ったスケジュールを組みました。昼食は、和室の座敷にしてもらい、赤ちゃんのお世話にしながら交代で食べることができ、時間よりも少し早めに食べ終わったので少しゆっくりできました。子供も機嫌よく過ごしてくれ、ほっとしました。

次にスタジオアリスに行き、写真を撮りました。撮影用に子供はお着替えをし、1人の写真と、家族の集合写真と2枚のつもりでしたが、着替えは何回しても無料だったので、3回着替えて何枚も写真を撮ってもらいました。

写真はアルバムにしてもらいましたが、枚数によってかなり値段が違っていて、あまりたくさんはいらないかな~と思っていましたが、撮影した写真を見せてもらうと、可愛く撮ってもらったわが子を見ると、全部買いたい位の気持ちになり、着替えた以上3点各1枚ずつと、家族集合写真の4枚に泣く泣く絞りました。

お着替え無料の罠には注意したほうが良いようです。写真で時間がかかり、急いで多賀大社へ向かいました。天気も悪くなく、大安の休日ということで、結構人が沢山でした。受付をし、支払いをして、中へ入り、順番を待っていました。20分ほど待っていると名前を呼ばれ、お祓い(?)を数家族まとめてしてもらいました。

厄払いの時と似ているな~と思っていましたが、自分の子供の名前を呼ばれるとやっぱりうれしくなりました。前に出て、赤ちゃんを寝かせるかごみたいなものがありましたが、乗せなくても良いようで、抱っこをしてました。お祓い(?)をしてもらい、赤ちゃんに銅鑼を叩かせたような記憶があります。

泣くこともなくおりこうにしていて、帰りにおもちゃを選び、お守りやお食い初め用のお箸などを頂き、お宮参りはおしまいでした。なくかな?おしっこ大丈夫かな??と色々不安もありましたが、問題なく一日が終わり、ほっとしました。

多賀大社のお宮参り情報

授乳服の『おすすめ』通販サイト

SWEET MOMMY【スウィートマミー】

フォーマルウェアからパジャマまで、授乳服ならなんでも揃う品ぞろえの良さも魅力的な授乳服・マタニティウェア専門店です。芸能人にも愛用されているサイトということで、デザインも質も高い授乳服がたくさん販売されています。平日なら14時まで、土日祝なら12時までの注文なら当日出荷してくれるスピード感あふれる配送も魅力です。基本送料も485円と安価ですが、1万円以上なら送料無料となるサービスも!

高品質で商品充実、探しやすいのもGood♪

\サマーセール開催中 在庫限りの最安値!(7/25迄)/

「SWEET MOMMY」へ行く

セール終了まで --時間---

授乳機能付きワンピ の人気ランキングを見る

RECOMMEND

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

赤ちゃんと初めて出かけるお宮参りは、ママにとって楽しみなイベントの一つですよね。 しかし楽しみな反面、「何を着て行こう?」と悩むママも多いんです。 お宮参りは産後約1ヶ月に行うので、体型は戻りきらず、 ...

-体験談

Copyright© お宮参りの輪 , 2019 All Rights Reserved.