東京都 八王子市

こやすじんじゃ 子安神社

子安神社の口コミ

【参加者】本人 両親 兄 両家の祖父母
【初穂料】5,000円
【感想】
電話での対応は丁寧で、こちらから聞きにくい初穂料についても向こうから五千円ですがよろしいでしょうか?と聞いてきてくださったので、わかりやすく助かりました。
祝詞をあげてくださった宮司さんは女性で物腰も柔らかいかんじです。案内なども丁寧で細やかな気配りを感じました。
お宮参り当日は、あいにくの雨天でした。先に到着した人から濡れないように、中へ案内してくれてありがたかったです。
また、終了後も雨だと写真が撮れないでしょうと中での撮影を許可してくれました。帰りにはお祝い箸や矢、お守りなどがいただけました。
兄が別の神社でお宮参りをした際は一万から二万を包むように言われて、いただけた物も少なかったので、こちらの神社は良心的だと思います。
【参加者】私、主人、娘
【初穂料】5,000円
【感想】
子安神社は地元で古くから知られる子宝、安産で有名な神社です。駅に近く神社の中庭に数台車が停められますが、すぐにいっぱいになってしまうため駅から歩いていったほうがすんなり入れます。
七五三やお正月などは神社の入り口からずらっと列をつくるぐらい混みます。我が家は平日の空いてる時期を狙ってお宮参りをしました。受付をしお札代を支払って祈願してもらうまで館内の待合で待ち、呼ばれたら神社の中で祈願してもらいます。
うちの娘は泣かずにずっと寝ていましたが、中には最後まで大泣きしている子もいました。祈願はそんなに長い時間かからずすぐに終わるので、お札をもらってすぐに帰れました。神社の人も慣れているので、穏やかにお宮参りをすることができました。
【参加者】私、主人、娘、主人の母親、私の母親
【初穂料】10,000円
【感想】
大安の日曜日、お参りしました。時間も何も調べず行きましたが、ちょうどこれから始めます、と言われ、10,000円を納めて本堂へ。本堂前に待合室があり、そこで着物などを赤ちゃんに着せたりと、準備しました。
その後いざ呼ばれて本堂へ。参加者は、私たちのほかに5組ほどいらっしゃいました。
大変綺麗なお堂でした。神主さんとそのほかの係のかたが、太鼓と笛をふかれ、何が始まるのかなと思うと、巫女さんが一人、奥から出てきて、踊りはじめました。初めての体験だったので、びっくりしましたが、なかなか風流で見ていて面白かったです。他にはなかなかないので、ここでよかったなと思いました。
その後、名前を呼ばれ、初穂料によって異なるしなをもらいました。私たちにはついていませんでしたが、ひしゃくが入っていた方もいらっしゃって、金額で結構差をつけるんだなあ、と感じました。
その後、9月に行われる泣き相撲などの案内をもらいました。とても面白いので、ぜひなき相撲にも参加されては、と思います。
【参加者】私 義理の父と母
【初穂料】15,000円
【感想】
主人も参列する予定だったのですが、予定していた日に急きょ出張が入り、義理の両親とお宮参りに行ってきました。
東京の中でも人気度が高く、雑誌で見かけた「子安神社」。安産の神様としても有名な所なので、出産後もご利益があるかも?と思い、こちらを選びました。
予約制かと思い、事前に電話連絡をしましたが、「予約はしてないので、直接来てください。混雑時には少しお待ちいただくかもしれません。」と神社の人から言われました。
義理の両親が地方から来るのに合わせて、11時前後に神社に着きました。予想はしていたのですが、祈祷するための人でいっぱい。
1時間くらいは待ったので、もっと早めの時間に来れば良かった…と内心後悔をしました。祈祷は10分か15分で終了。
神社に納める金額もランクづけされていて、一番良いランクだと、3万円から。義理の両親が「出してもいいよ。」と言ってくれたのですが、申し訳ないので、中間の4級式をセレクト。それでも15000円でした。

授乳服の『おすすめ』通販サイト

SWEET MOMMY【スウィートマミー】

フォーマルウェアからパジャマまで、授乳服ならなんでも揃う品ぞろえの良さも魅力的な授乳服・マタニティウェア専門店です。芸能人にも愛用されているサイトということで、デザインも質も高い授乳服がたくさん販売されています。平日なら14時まで、土日祝なら12時までの注文なら当日出荷してくれるスピード感あふれる配送も魅力です。基本送料も485円と安価ですが、1万円以上なら送料無料となるサービスも!

高品質で商品充実、探しやすいのもGood♪

キャッシュレス決済で5%還元対象

「SWEET MOMMY」を見てみる

--時間--- 冬支度セール開催中 MAX73% OFF


RECOMMEND

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

赤ちゃんが産まれて初めての行事「お宮参り」。どんな洋服を着ていけば良いか悩んでいませんか? 「集合写真に映える洋服が着たい」 「赤ちゃんを抱いてたくさん歩くから動きやすい服装にしたい」 「産後の体型を ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2019 All Rights Reserved.