お宮参りの輪

赤ちゃんが生まれて初めてのビッグイベント『お宮参り』に関して、お作法や服装(着物、ベビードレス)、髪型、準備すること等の知っておきたい情報満載です。

長野県 諏訪市

すわたいしゃ 諏訪大社 上社本宮

諏訪総本社4社のうち、狩猟民族的な性格を有する御宮

諏訪大社は長野県の諏訪湖周辺4箇所にある神社で、全国に約25,000社ある諏訪神社の総本社。4箇所のうちの当「上社(かみしゃ)」は、諏訪湖南岸、諏訪盆地の西南端にある。下社に対しては上流の位置にあたる。本宮・前宮からなり、下社と異なり二宮は古くは本社・摂社という関係であった。御頭祭・蛙狩神事に見られるように狩猟民族的な性格を有している。

本宮には「建御名方神 (たけみなかたのかみ)」、前宮には「八坂刀売神 (やさかとめのかみ)」を御祭神に祀る。

本宮(ほんみや)は、赤石山脈北端の守屋山北麓に鎮座する。社殿6棟が国の重要文化財に指定され、社叢は落葉樹からなる自然林で長野県の天然記念物に指定されている。

前宮(まえみや)は、本宮の南東約2kmの地に鎮座しており、諏訪の祭祀の発祥地とされる。境内には水眼(すいが)川が流れる。


諏訪大社 上社本宮のお宮参り情報

スポンサーリンク
公式ホームページ

諏訪大社 上社本宮の口コミ

【参加者】私、主人、息子、主人の両親、私の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
12月上旬に、息子のお宮参りに行きました。最高気温が一桁の寒い日でした。まだ1ヶ月の息子には、肌着2枚、カバーオール、ベスト、ダウンの防寒着を着せました。
とにかく寒い日だったので、帽子もあったほうがよかったかと思います。駐車場から受付まで、それなりに距離がある上に、砂利道、石段を歩かなければいけないので、慣れない草履を履いて赤ちゃんを抱いて歩くのは、かなり気を使いました。
できれば、新生児から使える抱っこ紐で抱っこして行くか、クーハンに寝かせて移動するのがいいかと思います。段差があったり砂利道や石畳が多いので、ベビーカーはお奨めしません。受付を済ませると、控え室に通されました。
ここにはストーブがあり、暖かかったです。その後、お祓いを受けて祝詞をあげてもらったのですが、ここは屋根があるだけでほぼ屋外で、ストーブもないのでかなり寒かったです。その後、上社からお祓いの勧め(?)のような振込み用紙が届き続けます。
公式ホームページ

おすすめ記事

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は以下の2種類に大きく分けられます。 古くから正装として用いられてきた着物 白いケープやおくるみのベビードレス どちらでもお好きな方を選択でき、「お宮参りには○○○を赤 ...

3

赤ちゃんが生まれた後に真っ先に来るイベントと言えば「お宮参り」で赤ちゃんにとっては事実上の初外出です。ママとしては失敗せずに準備万端で挑みたいところですね。 お宮参りは生後1か月前後で行う習わしの地域 ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2017 AllRights Reserved.