体験談

鵜戸神宮のお宮参り体験談!真夏のご祈願は暑さ対策必須!ベビーカーより抱っこ紐の方が便利

更新日:

鵜戸神宮のお宮参り概要

 

鵜戸神宮のお宮参り体験談

梅雨時期に生まれたので、お宮参りの時期は真夏でした。かなり日差しも強く、暑かったので日傘は必須でした。着物を着たかったのですが、鵜戸神宮は階段が多かったり、足元が悪い場所などもあったので、歩きやすい服装とヒールのないパンプスを選びました。初めてのお宮参りだったので、何をすればいいのかわからず、準備は母にお願いしました。

ベビーカーも持って行っていたのですが、段差が多かったりしたこともあり、せいぜい赤ちゃんの荷物を置いたり、おむつを替えるときに役立ったくらいで、あとはほとんど使うことがありませんでした。どちらかというと、新生児のころから使用できる抱っこ紐のほうが、両手がふさがらずに便利だったかもしれません。

当日は、数組のお宮参りの家族がいて、受付で料金を支払った後、一緒にお祓いをしてもらったので、少し時間が長かったです。境内の中は日陰になっていたこともあり、外のようには暑くありませんでしたが、赤ちゃんにかける着物があったので汗が止まりませんでした。主人もわたしも、もう少し薄手の洋服を選んだほうがよかったなと思いました。

太鼓をたたく音にびっくりしてしまったのか、赤ちゃんが起きて泣いてしまったので、後ろのほうへ移動させていただいて、授乳ケープを使って授乳をしました。すべての神事が終わった後、授与品を受け取り、周辺を少し観光をしました。ちょうど観光客や一般の参拝客なども多かったので、たくさんの方におめでとうと声をかけていただき嬉しかったです。

鵜戸神宮は、運玉という玉を境内下のくぼみに投げて、運試しをするというものがあり、みんなで試してみました。なかなか入らずにみんな苦戦していたのですが、わたしだけ入り、貴重な経験ができました。また、鵜戸神宮にはおちちあめというものがあったり、おっぱいがたくさん出るご利益のある岩などがあり、しっかりとお参りをしました。

そのおかげかは分かりませんが、母乳のみで2歳まで成長できました。お宮参りを済ませた後に写真を撮りに行ったのですが、お参りでとても汗をかいたので、自分の着替えを持ってくればよかったなぁと思いました。赤ちゃんは騒がしい店内やスタッフの声も気にすることなく過ごせていたので良かったです。

ただ、移動が大変だったことや赤ちゃんへの負担を考えると、写真撮影は別の日でもいいのかもしれません。夏場で授乳の回数も多く大変でした。ですが、なかなか同じ日に集まれることもないので、いい思い出になったと思います。

鵜戸神宮のお宮参り情報

授乳服の『おすすめ』通販サイト

SWEET MOMMY【スウィートマミー】

フォーマルウェアからパジャマまで、授乳服ならなんでも揃う品ぞろえの良さも魅力的な授乳服・マタニティウェア専門店です。芸能人にも愛用されているサイトということで、デザインも質も高い授乳服がたくさん販売されています。平日なら14時まで、土日祝なら12時までの注文なら当日出荷してくれるスピード感あふれる配送も魅力です。基本送料も485円と安価ですが、1万円以上なら送料無料となるサービスも!

高品質で商品充実、探しやすいのもGood♪

キャッシュレス決済で5%還元対象

「SWEET MOMMY」を見てみる

--時間--- 歳末フライングセール開催中

RECOMMEND

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

赤ちゃんが産まれて初めての行事「お宮参り」。どんな洋服を着ていけば良いか悩んでいませんか? 「集合写真に映える洋服が着たい」 「赤ちゃんを抱いてたくさん歩くから動きやすい服装にしたい」 「産後の体型を ...

-体験談

Copyright© お宮参りの輪 , 2019 All Rights Reserved.