体験談

北海道神宮でのお宮参り体験談!赤ちゃんの授乳には授乳口つきのワンピースがオススメ

更新日:

北海道神宮のお宮参り概要

 

北海道神宮のお宮参り体験談

お宮参り当日は私の寝坊から始まりかなりバタバタでした。北海道神宮に10時に両親と待ち合わせ。予約していた写真スタジオにてお宮参り用の着物をレンタルしていただけるとのことでしたので待ち合わせ前に写真スタジオにて着物を借りに行きました。

当日は例年よりもかなり冷え込んでいて雨からみぞれに変わっていました。寝坊して用意もままならなかった私は生後まもない娘のおくるみを忘れてしまい慌ててバスタオルを購入して包みました。

おしゃれなベビードレスを着ておめかしした娘にバスタオルで包まれてとても申し訳ない気持ちでした。途中娘がお腹が空いては困ると思い移動中の車の中で授乳しました。ワンピースを着ていた私はとても授乳しにくく、車の中で下半身丸出しとかなり間抜けな姿でした。

今思えばセパレートされたスーツか、授乳口のついたワンピースなどが良かったなと思います。そうしながらも到着。神宮にて両親と合流後、初穂料を納め祈祷が30分ことに行われている様でしたので次の祈祷開始まで数分待ちました。

待合室は授乳室やミルクを調乳する所もありとても充実していたところでした。座るところもたくさんあり、丁度七五三の時期でしたので子連れファミリーが多くとても賑やかな雰囲気でした。

その間にレンタルした私の着物(服の上から装着する私と娘を包む様なもの)を装着しバタバタしながら祈祷室へ。祈祷中も子連れファミリーが多かったせいか子ども達の声や赤ちゃんの泣き声などで適度なざわつきがあり赤ちゃんづれの方はとても居やすい雰囲気だったと思います。

幸いなことにも、娘は義母に抱えられスヤスヤおとなしく寝ていてくれました。住所と名前を呼ばれ祈祷していただき最後に二礼二拍手一礼をし出口のところで紙袋に入った箱をもらいました。

その中には、お神酒、お守り、お札、お食い初め用の箸が入っていました。その後はお賽銭をしてお参りしたり、おみくじを引いたりしました。神宮を出たあとは、家族みんなでお蕎麦屋に行きました。

神宮から近く少し高級なお蕎麦屋さんで個室もあったので赤ちゃんづれには助かりました。その時に各両親からお祝いをいただきました。その場のお蕎麦屋さんの会計は私たちが支払いました。

その後、写真スタジオに行き借りた着物を返しつつ撮影へ。何パターンの衣装をとっても、何カットとっても無料とのことだったので娘の機嫌がもつ限りたくさん撮りました。

まずお宮参りは一生に一度なので寝坊せず前日の夜からしっかりとした準備をすべきでした。夜泣きや授乳などで寝不足ですが、前もっての段取りが必要だと身にしみた一日でした。

北海道神宮のお宮参り情報

授乳服の『おすすめ』通販サイト

SWEET MOMMY【スウィートマミー】

フォーマルウェアからパジャマまで、授乳服ならなんでも揃う品ぞろえの良さも魅力的な授乳服・マタニティウェア専門店です。芸能人にも愛用されているサイトということで、デザインも質も高い授乳服がたくさん販売されています。平日なら14時まで、土日祝なら12時までの注文なら当日出荷してくれるスピード感あふれる配送も魅力です。基本送料も485円と安価ですが、1万円以上なら送料無料となるサービスも!

高品質で商品充実、探しやすいのもGood♪

\サマーセール開催中 在庫限りの最安値!(7/25迄)/

「SWEET MOMMY」へ行く

セール終了まで --時間---

授乳機能付きワンピ の人気ランキングを見る

RECOMMEND

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

赤ちゃんと初めて出かけるお宮参りは、ママにとって楽しみなイベントの一つですよね。 しかし楽しみな反面、「何を着て行こう?」と悩むママも多いんです。 お宮参りは産後約1ヶ月に行うので、体型は戻りきらず、 ...

-体験談

Copyright© お宮参りの輪 , 2019 All Rights Reserved.