体験談

長男が生まれてちょうど100日目に行った三嶋大社への思い出に残るお宮参り

更新日:

三嶋大社のお宮参り概要

 

三嶋大社のお宮参り体験談

わが家に生まれた初めての赤ちゃんである長男のお宮参りは、その頃住んでいた静岡県にある三嶋大社で行いました。静岡は私の生まれ故郷であり、初詣やお祝いなどの際には、必ずといっていいほど三嶋大社で行ってきました。

長男の誕生はお正月真っただ中の寒い時期だったので、お宮参りは暖かくなった頃にやりたいと思い、桜が見ごろな4月頃と前々から決めていました。偶然100日目にあたる4月11日が大安吉日だったので、その日に行うことにしました。

当日は主人の両親・私の両親にも来てもらい、みんなで長男のお宮参りをお祝いすることにしました。

まずは予約をとっていた大社の近くの渡辺写真館へ行き、さっそく記念の写真を撮りました。本人だけの写真・親子3人の写真・主人の両親と長男との3人の写真・私の両親と長男との3人の写真・そして全員での写真と5枚分の撮影でした。

人数が多かったので、すべての写真を撮るのに少し時間がかかりましたが、長男は全然泣かずにご機嫌よくしてくれたので、本当に素敵な記念写真が出来上がりました。今でも宝物といえるくらい素敵な写真です。

写真が撮り終わると、今度は大社でのお宮参りに向かいました。その日はとてもお天気が良く、三嶋大社では桜がきれいに咲いていて絶好のお宮参り日和という感じでした。水分補給を済ませ大社の中を歩いていると、長男はいつの間にかぐっすり眠ってしまいました。

以前に三嶋大社に事前確認したところ、特に予約の必要はなく、当日受付を済ませれば大丈夫とのことだったので、実際に三嶋大社についてから受付を済ませました。

そしてその場で初穂料を納めました。知識のなかった私は、初穂料が想像よりも高額だったことに少し驚きましたが、納める金額に応じて授与品が異なるようでした。

大社の中では主人の母が長男を抱き、着物を羽織った形でお宮参りをしました。宮参り中はぐっすり眠ってくれていたので、みんな落ち着いて和やかにひと時を過ごすことができました。

式が終わってからは、みんなで大社の中をゆっくり散歩しながら、記念の写真を撮ったり桜を眺めたりしながら過ごしました。長男が生まれてからその日まで、初めての育児で毎日があたふたしっぱなしでしたが、無事にお宮参りをすますことができて、本当にうれしかった1日でした。

その後帰宅してからは、100日祝いのお料理を囲んで、みんなにお祝いしてもらった長男でした。大きな鯛のお魚の前で堂々と写真に写った長男も、今では中学生です。すっかり大きくなりましたが、愛するわが子への想いは今も変わりません。

大切な思い出の1つ1つが全部、大切な宝物です。

三嶋大社のお宮参り情報

授乳服の『おすすめ』通販サイト

SWEET MOMMY【スウィートマミー】

フォーマルウェアからパジャマまで、授乳服ならなんでも揃う品ぞろえの良さも魅力的な授乳服・マタニティウェア専門店です。芸能人にも愛用されているサイトということで、デザインも質も高い授乳服がたくさん販売されています。平日なら14時まで、土日祝なら12時までの注文なら当日出荷してくれるスピード感あふれる配送も魅力です。基本送料も485円と安価ですが、1万円以上なら送料無料となるサービスも!

高品質で商品充実、探しやすいのもGood♪

キャッシュレス決済で5%還元対象

「SWEET MOMMY」を見てみる

--時間--- 冬支度セール開催中 MAX73% OFF

RECOMMEND

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

赤ちゃんが産まれて初めての行事「お宮参り」。どんな洋服を着ていけば良いか悩んでいませんか? 「集合写真に映える洋服が着たい」 「赤ちゃんを抱いてたくさん歩くから動きやすい服装にしたい」 「産後の体型を ...

-体験談

Copyright© お宮参りの輪 , 2019 All Rights Reserved.